麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第152回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第152回

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第五節四回戦B卓

▼対局者
Ⓟ木原浩一
Bさん:シンプルなワキガ
Cさん:福地誠
石橋伸洋

牌譜はこちら

 152-1-min

 オーラストップ目。が重なればポンテンに取れる1シャンテンになりますが、それよりはツモで平和、イーペーコーのくっつき1シャンテンになる方がアガリやすそうなので打としそうです。

152-2-min

 打ならチートイツでもツモでもテンパイします。

152-3-min

 打としていればここでチートイツテンパイになりますが、チーテンがきくリャンメン×2の1シャンテンの方がアガリやすいのかもしれません。もちろん打なら局面に応じてどちらかを選べるので、やはり前巡は打でしょう。

152-4-min

 もし手牌が

なら受けを残すために打

でも、ツモやチーでテンパイするように打でしょうか。しかしこの形ならは不要牌。4巡目でこの1シャンテンなら大抵は問題なさそうですが…

152-5-min

 何とこのが切り遅れで3着まで落ちてしまいました。ちょっとのミスが致命傷になることもある。麻雀は恐ろしいゲームですね。

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。1984年佐賀県生まれ。東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top