麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第185回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第185回

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第七節一回戦A卓

▼対局者
多井隆晴
小林剛
Cさん:トトリ先生19歳
Dさん:就活生@川村軍団

牌譜はこちら

 185-1-min

 マンズの二度受けリャンメンを外す手もありそうですが、打点は不要なのでをポンした場合は他家から出にくいドラが待ちとして残らない方が有利。のペンチャントイツが最も弱いブロックとみます。は残り2枚ですがは4枚。はポンもできますがポンよりも自分でをツモった方が他家から役牌が出やすい分アガリやすいのもあり打。789のシュンツが役に絡まないにもかかわらずから打とするのはちょっと珍しいですね。

185-2-min

 をチーして二度受けのリャンメン落とし。こればかりはどちらを切るかはほぼ指運です。

185-3-min

 ツモまたはポンの受け入れがなくなりますが、その程度なら安牌残しと、ポンテンでになった時の待ちの読まれにくさをみて先切り。

185-4-min

 何としてでもラスは回避したい南家がをチーしてテンパイ。見た目のアガリ枚数は変わらないのもあり、西家に危険なを止めて打とします。

185-5-min

 西家が待ちだとするとの形から打としてをチーしたことになるので不自然。待ちが絞れての危険度は更に上がりました。

185-6-min

 をツモったところで最後の手出しがであったこともあってか打で西家に放銃。西家はまさに先きりが活きる展開となりました。

 確かには「が先切りされてなければ当たる」牌ではありますが、西家はから打としてチーで落とし。リャンメンが落とされる以上リャンメン待ちでしょうし、トイツ以外の役牌トイツがなければの形は残すでしょうからを雀頭で持っていることが予想されます。の形なら、むしろは先切りされることが多いのではないでしょうか。

 リャンメン待ちだとすると、既に残りスジはのみ。そうなるとは(が先切りされるものとして)5割程度は当たる牌ということになります。東家もほぼテンパイで流局でも次局があることから、打あたりで降りた方がよかったのではないでしょうか。「どちらかを切ってテンパイ」の2択とみて、「降りる」という選択肢が頭から抜け落ちていた、あるいは待ちが絞れていているので危険と分かりつつも、それでもが先切りならと思って切ってしまったのかもしれません。

 「待ちが絞れている時は当たる理由を考える」「2択と思い込んで第3の選択肢を見落とさない」個人的に麻雀を打つ際に注意していることですがなかなか難しいものです。

新着記事

Return Top