麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第129回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第129回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第六節一回戦A卓

▼対局者
Ⓟ木原浩一
ASAPIN
多井隆晴
小林剛

牌譜はこちら

 打ならドラツモで打、さらにツモで高め三色のテンパイが入りますが、ドラ表示牌かつ5枚見えのと、が共に3枚見えの。同じ無スジでも将来の放銃リスクは段違い。強欲に打としそうですが、安牌重視の打を選択。

 受けが増えるとの比較なら勿論打。次巡そのをツモってテンパイ即リーチ。

 悪形×2の1シャンテンとはいえ赤2枚の手。1枚切れ客風くらいならと打北としそうです。

 しかし気になるのは東家の手出し。「ドラ表示牌のよりも優先して残す、自分でを切っている」。からツモ、ドラツモで打のケースなら手牌にが1枚。が唯一の雀頭)からツモで受けが増える変化を優先して打、受けが増える牌をツモって打のケースなら手牌にが2枚。そして今回のように安牌優先で打、受けが増える牌をツモって打なら手牌にが3枚のケースも想定できます。

 いずれにせよが使われてないとは考えづらく、トイツ以上も結構ありそう。カンテンパイですら押せるか怪しいので、一手前の段階で現物を切ります。

 しかし北が通ったうえにカンが埋まったとなれば追っかけの一手。結果は放銃でしたが、同じ現物でも以外を切ればこのテンパイはありませんでした。

 トップが見込めず下位とあまり点差の無いオーラス2着目。この点数状況で、配牌が平均以上にアガリやすいのでなければ、下家が鳴き手だと分からないとしてもアシストに徹した方がよいでしょう。後で鳴ける形になってから再度鳴かせることもできるため唯一の雀頭から切ります。

 北家は2フーロして打。タンヤオ手で初の中張牌手出し、こちらのアシスト前提の鳴きで、何をアガっても1本場でラス回避確定。まだテンパイしていないことも多そうで、テンパイしていても2翻手なら放銃で2確。しかしダブポンの南家には放銃で着順落ち確定、4翻以上はラス。アシスト続行はしづらいとみて打と南家の現物切り。

 残り3枚、シャンポンに受けても東家北家からの出アガリ以外は符ハネで2着につき打。テンパイを入れていた北家からでロンアガリ。仮に西家が北家に差し込むことができていればトップ以外の順位が完全に入れ替わる渋くも熱いオーラスでした。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top