麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第57回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第57回

CABO求人MEWS
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第五節三回戦C卓

▼対局者
就活生@川村軍団
Ⓟ松ヶ瀬隆弥 
タケオしゃん
Ⓟ渋川難波

牌譜はこちら

東1局

ツモの含みシャンポンも手変わりとして強いのでテンパイ外し。ドラなので打としそうになりますが、打ツモでもでアガればリーチドラ1と打点変わらず。アガリ率もドラそばよりシャンポンの方が高そうで、他家に追いつかれた場合もよりの方が安全になりやすいので打とします。

対リーチにノーテンからカンはかなり積極策ですが、ポンテンでも満貫に届くようになるので有力な選択。

狙い通り満貫をテンパイしますがツモで撤退。満貫とはいえ待ちが苦しく相手の打点も上がっていて、待ち候補もかなり絞れているとなるとオリが無難でしょうか。一度降りればのようなテンパイなら止まらない牌も結果的に止まるので、微妙なケースはやや降り気味に打つくらいがよいかもしれません。リーチと仕掛けの間をすり抜けて北家が後付けの満貫をツモアガリました。

東2局0本場

ツモれば三倍満の超大物手を出アガリして親の倍満。西家も満貫リャンメンテンパイとなれば流石に止まりません。

東3局

単騎テンパイになりやすい雀頭無し1シャンテンなのでスルーした方がアガリやすそうですが、打点が上がるなら鳴きの一手。ドラツモから満貫をアガって失点をリカバーします。

南1局

この序盤ならのみテンパイよりは重なってトイトイ、三アンコになりやすい1シャンテンがよいまであるとみて残し。

この河でをポンして単騎は完全に盲点。トップ目から7700直撃に成功しました。

南2局

序盤のドラ表示牌切り。2枚目のが切られてからの合わせ打ち。リーチの宣言牌が字牌の。チートイツの可能性が高そうな情報が揃った河になっています。

しかし、チートイツの字牌単騎とするなら、生牌のより1枚切れ単騎に受けるのが普通と読むところ。相手がそう読んでくるうえに、ラス目西家からはどちらにせよ切られる公算が高いから枚数が多い単騎リーチというところでしょうか。この選択が功を奏し北家から6400直撃。これがも生牌なら、字牌単騎の可能性が高いとみて北家は打としていたかもしれません。

南3局1本場

鳴いて2シャンテンにはなりますが雀頭候補がなくなる仕掛け。鳴いて満貫なら手が進むものはどこからでも仕掛けるが基本ではありますが、最序盤の場合は「スルーしていれば手牌からすぐにでも切られた役牌を止められてしまう」ケースがそこそこ起こるので鳴くかどうか案外迷うところではあります。ラス前トップ目が親でのみの手から序盤でをポンすることは考えにくいので、ドラを固めているのを読まれそうというのもあります。

結果的にテンパイまでを絞っていた対門に放銃。上家にも止められていたので、もしをスルーしていれば展開が変わったのかもしれないと結果論ながら考えてしまいました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top