麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【11/19 Mリーグ2021 第1試合結果】内川幸太郎が三倍満を決め今シーズン初トップ! ドリブンズはたろう2着で9連対!

【11/19 Mリーグ2021 第1試合結果】内川幸太郎が三倍満を決め今シーズン初トップ! ドリブンズはたろう2着で9連対!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」28日目が11月19日(金)に開催された。

11月19日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:日向藍子

南:鈴木たろう

西:内川幸太郎

北:瑞原明奈

11月19日は瑞原明奈の誕生日。

第1試合

東1局、[東]を重ねたたろうが[九]のポンから仕掛け、萬子のホンイツへ向かうと、瑞原が3巡目に三色のカン[②]待ちでリーチ。

東1局 たろうの手牌 ©ABEMA

[東]を暗刻にたたろう、ホンイツではなく、ドラの[2]単騎でテンパイ。ツモって1300・2600の好スタートを切る。

東1局 たろう 東・ドラ2 1300・2600 ©ABEMA

東2局、内川が自風の[南]をポンしてドラドラ赤の手牌も、先制テンパイは瑞原。ピンフをリーチしてツモ。裏が1枚乗って1300・2600。

東2局 瑞原 リーチ・ピンフ・ツモ・ドラ  1300・2600 ©ABEMA

東3局、内川が先制リーチ。終盤に瑞原が追いつき[三]を切れば一気通貫の[1][4]待ちテンパイ。しかし[三]は内川に通っておらず、[九]切りを選択してリーチとした。[1][4]の待ちの方が多かったが、結果は瑞原が内川に放銃。内川の3900のアガリに。

東3局 瑞原 リーチ ©ABEMA
東3局 内川 リーチ・赤 3900 ©ABEMA

東3局1本場、瑞原が2枚目の[白]をポンして筒子のホンイツへ。

[③][⑧]のシャンポンでテンパイすると、親の内川がピンフでテンパイし、リーチを宣言。しかし[⑧]は瑞原の当たり牌。瑞原3900を加点し親番を迎える。

東3局1本場 瑞原 白・ホンイツ3900 ©ABEMA

東4局、瑞原親番もスピードは他3者に劣る配牌。テンパイ一番乗りは内川。[二][五]待ちでリーチとするも、テンパイしていた日向が[7]をツモ。1000・2000で全員2万点台で南入。

東4局 内川 リーチ ©ABEMA
東4局 日向 ツモ・タンヤオ・ドラ 1000・2000 ©ABEMA

南1局、南家のたろうが南を暗刻にしてカン[②]のテンパイをとらず。結果[6][8]のシャンポン待ちでテンパイ。すると日向、内川がリーチ。日向が[1]を暗槓。

南1局 たろうの手牌 ©ABEMA
南1局 たろう ツモ・一盃口・ドラ2・赤1 2000・4000 ©ABEMA

2軒リーチに挟まれたたろう。暗刻の[南]を1枚切ってカン[7]待ちの一盃口テンパイにとると、次巡ツモ。2軒リーチをつぶして2000・4000の加点。

南2局はたろうと日向のリーチ対決も決着せず二人テンパイで流局。

南2局 流局 ©ABEMA

南2局1本場、内川が対子の[白]を落してタンヤオ・ピンフ・高目三色のドラドラ・赤のテンパイ。

南2局 内川の手牌 ©ABEMA

瑞原が[赤⑤]を切ればテンパイだが内川への倍満放銃となるところを、カン[8]を払って放銃回避。

南2局1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 日向 リーチ ©ABEMA

すると日向が[④][⑦]待ちのピンフでリーチ。

南2局1本場 内川 リーチ ©ABEMA

一発目に内川の手に[⑦]が。

内川は日向の現物[②]を切って[①][④][⑦]待ちでリーチとし、放銃回避。

南2局1本場 瑞原 リーチ ©ABEMA

その後[赤⑤][④]をくっつけた瑞原が[③][⑥]でリーチも、内川が高目[⑦]をツモ。

南2局1本場 内川 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・三色・ドラ4・赤1 ©ABEMA

裏ドラが[⑦]でなんと三倍満に。内川は一気にトップ目に躍り出た。

南3局 日向の手牌 ©ABEMA

南3局は瑞原がカン[⑦]の先制リーチ。日向は瑞原の現物待ちでピンフのテンパイも、先に持ってきたのは瑞原の当たり牌[⑦]。日向はリーチを宣言して放銃。瑞原の2600のアガリでオーラスへ。

南3局 瑞原 リーチ・ドラ 2600 ©ABEMA

オーラス、ラス目の日向がツモれば着順アップのリーチで[赤⑤]をツモ。2000・4000で着順を挙げた。

南4局 日向 リーチ・ツモ・ドラ・赤 2000・4000 ©ABEMA

内川は今シーズン初トップとなった。

第1試合トップの内川  ©ABEMA

第1試合結果
1位 内川(サクラナイツ)+62.9
2位 たろう(ドリブンズ)+4.0
3位 日向(ABEMAS)▲20.1
4位 瑞原(Pirates)▲46.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top