麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【2/1 Mリーグ2021 第2試合結果】連闘志願の魚谷侑未がここ一番で万全の立ち回りを見せて完勝!フェニックスがドリブンズとの直接対決を制して6位に浮上!

【2/1 Mリーグ2021 第2試合結果】連闘志願の魚谷侑未がここ一番で万全の立ち回りを見せて完勝!フェニックスがドリブンズとの直接対決を制して6位に浮上!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」68日目が2月1日(火)に開催された。

2月1日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合 松ヶ瀬のトップで風林火山は首位Piratesに迫る! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:勝又健志

南:魚谷侑未

西:瀬戸熊直樹

北:園田賢

第2試合

東1局、園田がドラドラの先制リーチ。瀬戸熊が追いかけ、満貫のツモアガリでリード。

東1局 園田の手牌 ©ABEMA
東1局 瀬戸熊 の手牌 ©ABEMA

東2局、親の魚谷の先制リーチに、瀬戸熊が[白]とドラ[九]のシャンポンで追いかける。

軍配は魚谷。5800のアガリで連荘。

東2局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東2局 魚谷 リーチ・ピンフ・ドラ1 5800 ©ABEMA

東2局1本場、瀬戸熊が自風の[南]をポンしてドラ3テンパイ。

東2局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

副露率の低い瀬戸熊の中一鳴きに、勝又、園田は引き気味。

魚谷の手に萬子が押し寄せ、チンイツを目指すが、テンパイできず、瀬戸熊の1人テンパイで流局。

東2局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 流局 ©ABEMA

東3局2本場、瀬戸熊が5800のテンパイも、西家の勝又が[西]を仕掛けてアガリ切る。

東3局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 勝又 西・ドラ1・赤1 1000・2000 ©ABEMA

東4局、親の園田が先制リーチ。勝又が追いつき、宣言牌で園田に放銃。園田は2400をアガって連荘。

東4局 勝又の手牌 ©ABEMA
東4局 園田 リーチ 2400©ABEMA

東4局1本場、ドラをポンした勝又とリーチの魚谷の競り合い。魚谷が満貫ツモでトップ目に立ち、南入。

東4局1本場 魚谷 リーチ・ツモ・ピンフ・一盃口・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南1局から3局連続で魚谷が加点し5万点近く稼ぐ。

南1局 魚谷・瀬戸熊・園田テンパイ ©ABEMA
南2局1本場 魚谷 タンヤオ 1500 ©ABEMA
南2局2本場 魚谷 タンヤオ・河底・赤1 5800 ©ABEMA

南2局3本場、園田がリーチし1人テンパイで流局。勝又・瀬戸熊・園田の熾烈な2着争いに。

南2局3本場 流局 ©ABEMA

南3局4本場でアガリを決めたのはまたも魚谷。

索子のホンイツトイトイテンパイの勝又。魚谷の筒子のホンイツトイトイに放銃でオーラスへ。

南3局4本場 勝又の手牌 ©ABEMA
南3局4本場 魚谷 發・ホンイツ・トイトイ 8000 ©ABEMA

南4局、園田、魚谷の2人テンパイで流局を挟み、南4局1本場。

瀬戸熊の手牌に萬子が押し寄せ、萬子のチンイツも目指せるところだが、[赤5]引きで[4][7]待ちのテンパイ。

7sはすでに瀬戸熊自身で切っておりフリテンだが、リーチを宣言。

南4局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

残りツモ番1回を残した勝又がツモ切りリーチとすると、索子のホンイツで仕掛けていた園田が最終手番でテンパイし、勝又に一発で放銃しゲーム終了。

南1局1本場 勝又の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 園田の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 勝又 リーチ・一発・ドラ1 5200 ©ABEMA

この放銃で園田は着順を2から3に落とした。ノーテン時の聴牌料を払っても2着をキープできるため、流局時は伏せる選択をしそうだったが、もしかしたらの12000アガリを狙った選択がここは裏目となってしまった。

第1試合4着だった魚谷のリベンジ成功。フェニックスは本日27.3ポイントプラスした。

第2試合トップの魚谷 ©ABEMA

第2試合結果
1位 魚谷(フェニックス)+78.8
2位 瀬戸熊(雷電)▲4.0
3位 園田(ドリブンズ)▲24.9
4位 勝又(風林火山)▲49.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

2月1日トータル結果

フェニックス(魚谷4着・魚谷1着)+27.3
風林火山(松ヶ瀬1着・勝又4着)+23.0
雷電(本田2着・瀬戸熊2着)▲2.2
ドリブンズ(村上3着・園田3着)▲48.1

この日にかけていたという魚谷の連続出場での意地のトップが実を結びドリブンズとの6位争いで一歩リード。ドリブンズが7位陥落となった。風林火山は首位Piratesに近づいたが、勝又の4着でまた離される結果となった。

2月1日終了時点のチームランキング ©ABEMA
2月3日の対局チーム ©ABEMA
2月1日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top