麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/12 Mリーグ2022-23 第1試合結果】神田明神のお参り効果!?オーラス内川幸太郎に特急券!効果的な2回のアガリでトップ!

【12/12 Mリーグ2022-23 第1試合結果】神田明神のお参り効果!?オーラス内川幸太郎に特急券!効果的な2回のアガリでトップ!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」41日目が12月12日(月)に開催された。

12月12日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:内川幸太郎

南:仲林圭

西:萩原聖人

北:近藤誠一

第1試合

東1局、仲林が終盤でタンヤオドラ赤のテンパイを入れダマテン。

ツモって2000・4000で好スタート。

東1局 仲林の手牌 ツモ, タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×1 ©ABEMA

東2局、東3局1本場に流局を挟み、東4局2本場は仲林が[発]を仕掛けて近藤から和了し南入。

東4局2本場 仲林 發, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

南1局、内川が七対子ドラドラのテンパイ。ダマテンで[8]単騎。そこから[西]単騎へと待ちを変える。

 

仲林もタンヤオドラドラのテンパイだが、萩原、近藤のリーチを受け撤退。

南1局 仲林の手牌 ©ABEMA
南1局 萩原の手牌 ©ABEMA
南1局 近藤の手牌 ©ABEMA

内川も2軒リーチを受けて逡巡。[西]単騎から[発]単騎とするが、のちにツモってきたのは先ほどまでのアガリ牌の[西]。悔しい表情を浮かべる内川。

南1局 内川の手牌 ©ABEMA

結果、この局のアガリは萩原。[二]をつかんだ近藤から8000のアガリで2着目に浮上。

南1局 萩原 リーチ, ピンフ, 赤ドラ×2 ©ABEMA

南2局、内川がまたも七対子でテンパイ。今回は[③]単騎で即リーチを打つ。

近藤が[中][南]と仕掛けてトイトイでテンパイするが、内川が山に3枚残っていた[③]をツモ。

南2局 近藤の手牌 ©ABEMA

裏ドラが乗り、3000・6000でトップ目に。

南2局 内川 リーチ, ツモ, タンヤオ, チートイツ, 裏ドラ×2 ©ABEMA

南3局、ドラドラの手牌の萩原。スムーズに[発]をポン、カンをチーしてすぐにテンパイ。近藤から5800をアガって連荘。

南3局 萩原 發, ドラ×2 5800 ©ABEMA

次局は仲林が[西][6]のシャンポン待ちをダマテン。4巡後にツモ切りリーチをとするが、流局。1着から3着は2000点以内の超僅差のオーラスへ。

南3局1本場 仲林の手牌 ©ABEMA

1000点アガればトップの内川、萩原、仲林。

そんな内川の配牌には特急券の[中]が暗刻。第1ツモでカン[七]が埋まり、イーシャンテン。

南4局2本場 内川の手牌 ©ABEMA

内川[⑧]をチーしてテンパイ。すぐに仲林から[二]が放たれゲームセット。

南4局2本場 内川 中 1000  ©ABEMA

南場の親番での七対子が悔しい選択となったが、巻き返して逃げ切った。インタビューで内川は連闘を宣言した。

第1試合トップの内川 ©ABEMA

第1試合結果
1位 内川(サクラナイツ)+55.6
2位 萩原(雷電)+11.8
3位 仲林(Pirates)▲11.0
4位 近藤(フェニックス)▲56.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top