麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【1/9 Mリーグ2023-24 第1試合結果】大量加点で大勝利!瑞原明奈が激しく攻め続け、倍満和了が決まり手となりトップを獲得!2着はオーラスにわずかな差を捲りきった瀬戸熊直樹!

【1/9 Mリーグ2023-24 第1試合結果】大量加点で大勝利!瑞原明奈が激しく攻め続け、倍満和了が決まり手となりトップを獲得!2着はオーラスにわずかな差を捲りきった瀬戸熊直樹!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」62日目が1月9日(火)に開催された。

1月8日の対戦カード ©ABEMA
解説:村上淳 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:浅見真紀

南:瑞原明奈

西:瀬戸熊直樹

北:内川幸太郎

第1試合

東1局、親の浅見がカン[④]をチーして[8][中]シャンポン待ち[中]後付けでテンパイ。

程なくして瑞原が[五]をチーして[③][⑥]待ちのテンパイに。

テンパイした瀬戸熊から[中]が溢れて決着。

浅見は5800の加点に成功し良いスタートを切った。

東1局 瑞原の手牌 ©ABEMA
東1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東1局 浅見 中, ドラ×1, 赤ドラ×1 5800 ©ABEMA

東1局1本場、瀬戸熊がドラ[中]を早めに切り出しまっすぐ手を進めていく。

瀬戸熊は[⑧]をチーしてあっという間に[⑤][⑧]待ちのテンパイに。

瀬戸熊は内川が先切り気味に捨てた[赤⑤]を捉える。

瀬戸熊は2000の加点となった。

東1局1本場 内川の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 瀬戸熊 タンヤオ, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

東2局、内川が[⑧][中]シャンポン待ちで先制リーチ。

親の瑞原が押し返し、[6]をチーして満貫確定の[③][⑥]待ちテンパイで追いつく。

内川が[③]を掴んで決着。

瑞原は12000の加点に成功した。

東2局 内川の手牌 ©ABEMA
東2局 瑞原 タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×2 12000 ©ABEMA

東2局1本場、内川が[①][④]ノベタン待ちのテンパイを一旦ダマテンに構える。

次巡、内川は[三][六][九]待ちとなったところでリーチを選択。

イーシャンテンの瀬戸熊から[九]が溢れてしまう。

内川は2600の獲得となった。

東2局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 内川 リーチ, ドラ×1 2600 ©ABEMA

東3局、ドラ2赤ドラ2持ちの瑞原が[⑧]をポンして積極的な進行。

そこに内川がカン[8]待ちでリーチを敢行。

上手く回りながら瀬戸熊が[2][5]待ちの追いかけリーチをかける。

瀬戸熊は[2]を山から手繰り寄せる。

瀬戸熊は4000オールの加点に成功した。

東3局 内川の手牌 ©ABEMA
東3局 瀬戸熊 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, イーペーコー 4000オール ©ABEMA

東3局1本場は流局し、東3局2本場へ。

[東]暗刻の浅見がカン[六]をチ-してカン[7]待ちテンパイに。

そこに瑞原が嬉しいペン[③]を引き入れ[④][⑦]待ちのリーチ。

このリーチを受けた浅見はオリに回る。

瑞原は高目の[④]をツモ。

瑞原は4000・8000の大きな加点に成功し、再び他家を大きく突き放した。

東3局2本場 瑞原 リーチ, ツモ, ピンフ, 一気通貫, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 4000・8000 ©ABEMA

東4局、瑞原が[発][白]をポンして索子の混一色に向かう積極的な進行。

そこに浅見が三色確定のペン[③]待ちリーチを敢行。

瑞原が一発で[③]を掴んでしまう。

浅見は8000の獲得となった。

東4局 瑞原の手牌 ©ABEMA
東4局 浅見 リーチ, 一発, 三色同順 8000 ©ABEMA

南1局、ここも瑞原が攻め立てる。

瑞原は[一][西]シャンポン待ちで先制リーチ。

瑞原は最後のツモ番で[西]を手繰り寄せる。

瑞原は700・1300の加点に成功した。

南1局 瑞原 リーチ, ツモ 700・1300 ©ABEMA

南2局、内川がカン[⑥]待ちで先制リーチをかける。

程なくして内川の待ち牌は山からなくなってしまう。

そこに浅見が追いつき、[⑤][⑧]待ちでリーチを敢行。

しかし結局アガリは出ず流局となった。

南2局 流局 ©ABEMA

南3局1本場も流局し南3局2本場へ。

瀬戸熊が[発]ポン、[8]ポンと仕掛け積極的に手を進める。

程なくして瀬戸熊はカン[4]待ちのテンパイに。

同巡、瑞原は[白][中]シャンポン待ちでテンパイしこれをダマテンに構える。

瀬戸熊は次巡[1][4]待ちに変化。

浅見から[白]が溢れて決着。

瑞原は3200の加点となり大量リードを持ってオーラスに入った。

瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
浅見の手牌 ©ABEMA
瑞原 白, 赤ドラ×1 3200 ©ABEMA

オーラス、浅見が[二]チー、[7]チーと仕掛け[⑦][8]シャンポン待ちのテンパイ、2着を狙う。

そこに瀬戸熊がカン[四]待ちでリーチを敢行。

浅見が[四]を掴み決着。

瀬戸熊は1300の加点で2着目に浮上した。

また、この瀬戸熊のアガリをもって瑞原のトップが確定した。

オーラス 浅見の手牌 ©ABEMA
オーラス 瀬戸熊 リーチ 1300 ©ABEMA
第1試合トップの瑞原 ©ABEMA

第1試合結果
1位 瑞原(Pirates)+70.6
2位 瀬戸熊(雷電)+5.5
3位 浅見(ドリブンズ)▲16.3
4位 内川(サクラナイツ)▲59.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top