麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
渋谷ABEMASインタビュー 「一生この3人でやっていきたい。家族のような存在」

渋谷ABEMASインタビュー 「一生この3人でやっていきたい。家族のような存在」

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「Mリーグ 2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は3月31日に、赤坂ドリブンズ 対 EX風林火山 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 対 渋谷ABEMAS の対戦が行われ、赤坂ドリブンズが優勝した。

ABEMASは、一時はファイナルシリーズ進出も危ぶまれたが、終盤で追い上げを見せレギュラーシーズン2位、多井は個人スコア1位という成績でファイナル進出。しかしファイナル序盤では苦しい展開を強いられ、あわや4位かというところを、最終日、白鳥が9本場をのせる大連荘の末の大トップ、また、多井が最終戦でトップをとったことで、ファイナルシリーズは3位に着地した。

今期の振り返りと、来期への思いが語られた。

最終スコア @AbemaTV

 

ーー半年間を振り返って

多井「とにかく自然体で打ちたくて、大きい舞台というプレッシャーを感じながら打つと、自分の麻雀から外れてしまう気がしていたので、とにかく自然体でいけば、この3人ならあまり負けることはないだろうと思ってました。でも、途中で誰かが1人調子を崩してしまうと、負の連鎖じゃないですけど、ガタガタっと下降してしまう時期があって、麻雀の怖さを知りました。ただ、ドラフトで初めてチームにこの3人が選ばれたとき、このチームならやれるなと思った瞬間があったんですけれども、そのときより今のほうが10倍も100倍もチームワークがとれてて、なんなら一生この3人でやっていきたいと思える位のチームになりました。私にとっては家族のような存在です。」

白鳥「レギュラーシーズンは、自分にとって不甲斐ない成績で終わってしまって、そこを多井さんと松本君の2人に凄く助けられたなと思ってます。個人としては最下位だったんですけど、最下位でファイナルシリーズいけるってことはほぼほぼ無いと思うので、凄く助けられましたし、あと応援してくださるファンの方々の声援がなければ、精神的にもここまでやってこれなかったなと思います。ファイナルシリーズは、最後の方でようやく自分らしさが出せたかなという半荘が何回か続いて、最後に意地を見せられたかなと思います。来シーズンのことはまだわからないですけれども、もしまたこの場に立てるようであれば、最初から全力の白鳥翔を見せたいと思います。」

松本「レギュラーシーズンはプラスで終えることが出来たんですけれども、展開として、2人が苦しいときに、大きなトップを取ることができたとき、チームを救うことが出来た感覚があります。でもやっぱりレギュラーシーズンで目立ったのは、多井さんの400ポイント以上のプラスで、それに導いていただいたので、何とかしてファイナルでは自分の力でチームを盛り立てられたらと思っていたんですけど、今日は自分が3着で、2人の大きなトップがチームを3位にしてくれたので、不甲斐ない気持ちでいっぱいです。そもそもMリーグが始まったときに年齢が1番下っていうこともあって、ずっと怖かったんですよね。自分の力が通用するのかとか、プレイヤーとしても、友人としても、先輩としても、尊敬している2人と一緒になって、自分がチームを盛り立てたいという気持ちが凄い強かったです。いつも怖い気持ちでいっぱいだったんですけど、それでも堂々と打てたのは、いつも試合が始まる前に声を掛けて貰ったりだとか、試合が終わってテンションが下がっているときでも声をかけ続けてくれたこの2人のおかげだと思ってます。この3人で来期もっと強い渋谷ABEMASを見せられたらと思っています。」

 

ーー開幕前に語った「ファンに一番愛されるチームになる」ということについて

多井「Mリーグ始まる前にあたって、俳優の萩原聖人さんが、急遽電撃プロ入りということで、知名度も相まって彼を中心にして、Mリーグの広告塔になっていくような感じがあったんですけれども、それだけでは一時のブームで終わるなと思いました。なので、麻雀プロの中で、知名度でも、人気でも負けないようなプロにならないとなという思いはずっとありました。渋谷ABEMASが、サポーター数やSNSのフォロワー数が今の所一番多いようなので、自分的には個人優勝よりも、そういった貢献ができたことが嬉しいです。」

 

パブリックビューイングではトップを獲得したときに涙を流すサポーターもいたほど、多くのファンに支えられ、愛されている渋谷ABEMAS。3人は互いを家族のような存在とし、結束を固め、また強くなって来期この場に立ってくれるだろう。来シーズンの活躍に期待が高まる。

 

ファイナルシリーズ 最終成績

レギュラーシーズン 個人賞

・個人スコア
1位:多井隆晴(ABEMAS)476.3pt
2位:滝沢和典(EX風林火山)314.8pt
3位:佐々木寿人(麻雀格闘倶楽部)228.3pt

・平均打点
1位:茅森早香(フェニックス)7,873点
2位:鈴木たろう(ドリブンズ)7,638点
3位:滝沢和典(EX風林火山)7,414点

・4着回避率
1位:滝沢和典(風林火山)0.90
2位:二階堂亜樹(風林火山)0.88
3位:多井隆晴(ABEMAS)0.85

レギュラーシーズン 最終成績

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top