麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
KONAMI麻雀格闘倶楽部インタビュー 「本当にファンの方に支えられた。来期は最初から飛ばしていきたい。」

KONAMI麻雀格闘倶楽部インタビュー 「本当にファンの方に支えられた。来期は最初から飛ばしていきたい。」

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「Mリーグ 2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は3月31日に、赤坂ドリブンズ 対 EX風林火山 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 対 渋谷ABEMAS の対戦が行われ、赤坂ドリブンズが優勝した。

レギュラーシーズンでは序盤低空飛行を続けていた格闘倶楽部だったが、怒濤の追い上げで3位でファイナル進出。ファイナルでも前原が大三元を成就させたり、高宮がレギュラーシーズン以来のトップを獲得するなどしたが、ABEMASの猛追により4位で今シーズンを終えた。

最終スコア @AbemaTV

ーー半年間を振り返って

寿人「とにかく開幕してから厳しい戦いだったんですけれども、僕らは攻撃力が売りで、ファイナルシリーズ含めて最後の最後まで爆発仕切れなかったなという印象です。ファンの方に非常に申し訳ないという気持ちです。」

前原「本当に厳しいシーズンでした。ただ、その中で応援してくださるファンの方の声が、ファイナルまで残させてくれたんじゃないかと思います。本当にファンの方に支えられたと思っています。」

高宮「開幕当初は逃げ腰の麻雀を打っていたんですが、シーズン中は2人から戦う姿勢を教わったということと、ファンの方の声援に支えられて戦うことができました。」

 

ーーこの半年間で特に印象的だったこと

寿人「これだけファンの方に声を直接いただけることが今までなかったので、非常に新鮮で、力になりました。それがファイナル進出に大きく繋がったんじゃないかと思うので、本当にありがたかったと思います。」

前原「リアルのファンが凄く増えて、街を歩くのにも今までラフな格好をしていたんですけれども、あまりしなくなりました。ファンあっての麻雀プロだと思いますし、今度とも応援していただければありがたいなと思います。」

高宮「苦しかった時期もあったんですけど、振り返ってみると幸せだったなと思います。始めはオープニングの音楽も嫌いになりそうだったんですけど、今は好きです(笑)」

 

ーー来期に向けて

寿人「とにかく最初から今シーズン後半戦のような試合が出来るようにしたいです。開幕当初は非常に斜に構えたような、内容もあまりよくなくて、自分達らしくなかったので、来期があれば、最初から飛ばしていきたいと思います。」

前原「できるだけ不細工な麻雀で、これでもかっていうくらい突っ込んで、結果も出したいなと思っています。」

高宮「シーズン最後の方でやっと戦う姿勢ができたと思うので、それを忘れずに研鑽し、最初から全力で戦っていきたいと思います。」

 

開幕当初の麻雀は自分達らしくなかったと語る3人。それでも今期マイナス400ポイント近いところから一気に這い上がり、ファイナル進出を決めたこのメンバーなら、来期は開幕から格闘倶楽部らしい麻雀で大爆発を見せてくれることだろう。

 

ファイナルシリーズ 最終成績

レギュラーシーズン 個人賞

・個人スコア
1位:多井隆晴(ABEMAS)476.3pt
2位:滝沢和典(EX風林火山)314.8pt
3位:佐々木寿人(麻雀格闘倶楽部)228.3pt

・平均打点
1位:茅森早香(フェニックス)7,873点
2位:鈴木たろう(ドリブンズ)7,638点
3位:滝沢和典(EX風林火山)7,414点

・4着回避率
1位:滝沢和典(風林火山)0.90
2位:二階堂亜樹(風林火山)0.88
3位:多井隆晴(ABEMAS)0.85

レギュラーシーズン 最終成績

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top