麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第15回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第15回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節一回戦C卓

▼対局者
就活生@川村軍団
Ⓢ福地誠
Ⓟ木原浩一
Ⓟ中嶋隼也

牌譜はこちら

東2局2本場

しゅかつ氏の手牌。一見浮き牌のを切りそうになりますが、チートイツ2シャンテンでもあるので実は打でも受け入れ枚数は変わりません。ツモからのチャンタ三色変化、待ちが残った場合のアガリやすさも踏まえて残しが有力そうです。

が場に3枚見えにつき受け入れ枚数は1枚差。チートイツテンパイで単騎が残った方がアガリやすいです。

残り2枚とはいえ対リーチに十分勝負になるテンパイ。ダマでが出ても5200。脇に止められる展開は避けたいこともあってか1巡ダマにしますが、脇の手牌に当たり牌が浮いているケースが無さそうなためか次巡にツモ切りリーチ。この辺りの優劣比較は難しいですが、即リーチするかどうか微妙なケースはツモ切りリーチも候補に入ります。対門からが出たのでリーチが功を奏する結果となりました。

東4局1本場

福地氏の手牌。平和、三色変化もありましたが、ドラ2につき手変わりを待つ打点的メリットが薄く、単騎もまずまずアガリやすいので即リーチ。親の中嶋プロが1シャンテンからを切って裏1の満貫。シャンポンや単騎に当たる可能性を踏まえると一応からがよかったかもしれません。待ちだとしても安目放銃で済むというのも一応あります。

南4局

トップには満貫直撃か跳満ツモ条件。このままリーチしてツモった場合も、裏ドラが乗るなら2枚以上乗って跳満ツモになりやすいですが、逆転しやすくなる手変わりがとそれなりに多く、イーペーコー部分で裏ドラにいて欲しい牌を使っていることもありダマを選択。

をツモったのでツモアガリなら逆転確定でしたが、押してきているラス目の手牌次第で着順落ちがあり、素点だけでも満貫ならまずまずなのでロンアガリを選択。これでも裏ドラでトップがありましたが乗らず。福地氏がトップを守り切りました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top