麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第65回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第65回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第六節二回戦B卓

▼対局者

Ⓟ木原浩一
お知らせ
Ⓟ松ヶ瀬隆弥
就活生@川村軍団

牌譜はこちら

東2局3本場

をチーして一通ドラ3の1シャンテン。もちろんは鳴くところですが、この手はメンツ候補不足につき浮き牌へのくっつきでも1シャンテンになります。からは鳴いた方がアガリやすいと言えるかは微妙なところなので、メンゼンで跳満以上の手になる可能性もある以上スルーでしょうか。

がダブドラになって18000のアガリになりました。南家もをツモって高打点テンパイになりましたが、4枚目のをツモってきたということは、東家の仕掛けは789三色ではないということ。役牌、チャンタでもなく、カンチーが手役絡みとすると候補はマンズ一通のみ。チー打以降全てツモ切りで、テンパイだとすると待ち候補はくらい。そうなるとこのは止めた方がよさそうです。

 しかし、4枚目のを持ってくるまでは、東家の仕掛けはどうみても789三色が本線。それまではテンパイすればを押す一手ですから、ここで判断を切り替えるのは難しいものです。

東3局

アタマもアタマを作りやすいターツもない3シュンツ2リャンメンの形。良形高打点の受けを重視して打もありますが、巡目が深く、が比較的よい場況なのもあり選びにくそうです。

結果的には打ならダマでも満貫ツモのところをアガリ逃して対門に満貫をツモられる苦しい展開になりました。

南1局

1000オールで3着終了、4000オールで2着終了、6000オールでトップ終了。アガリ損ねてもほぼ3着止まり。この局面なら普段なら仕掛けてしまいそうな急所のカンチャンもスルーしてギリギリまで逆転手を狙います。

ツモ裏でトップ終了の抽選を受けにいくリーチもありそうですが、待ちが苦しくダマでツモっても2着。上位から直撃できれば次局以降トップが狙いやすいのもありダマを選択。これが例えば残りツモ1回になれば、ツモった時に一発がついてトップ終了にするためにリーチに切り替えるのがよくなるというのも面白いところ。結果的には西家が南家に振り込んでトビ終了となりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top