麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの戦術本レビュー第51回「神眼の麻雀 著:成岡明彦 編集:福地誠 その13」

ネマタの戦術本レビュー第51回「神眼の麻雀 著:成岡明彦 編集:福地誠 その13」

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

第五章 魔術師の独白1

4メンツ1雀頭の意識

 牌1は高め純チャンもありますが、無かったとしてものリャンメン落としとします。本書では打と打を比較して、リャンメンがリャンメントイツになった時の変化の強さで打を推奨していますが、1シャンテンになる受け入れ枚数でも、リャンメントイツができる変化の強さでも、落としは打に勝ります。

 「もっと勝つための現代麻雀技術論」第51回でも取り上げましたが、リャンメン落としがいかに盲点になりやすいかがお分かりいただけるかと思います。

「好牌先打」

 リャンメンを固定して浮き牌を残すのは、「手作り」「安牌残し」「迷彩」「絞り」のいずれかあるいは複数を意図した打牌です。現代においてはこのような、「好牌先打」に相当する打牌はあまり有効ではないという考え方が主流になっていますが、これは、リャンメンを固定して浮き牌を残す意図を、「手作り」「安牌残し」「迷彩」「絞り」のいずれか一つに絞るのであれば、リャンメン固定が有利になるケースは少ないということが検証されてきたためです。

 逆に言えば、意図が多岐に渡るようなリャンメン固定についてはこの限りではありませんし、私自信も実戦で用いることも少なくないです。「手作り」に関しては、手牌が「面子候補不足」「面子候補十分」「面子候補オーバー」のいずれかによってリャンメン固定の意味合いがまた変わってきます。「好牌先打」という意味の広い言葉にとらわれることなく、あくまで現時点での手牌、局面においてベストな選択は何かを考慮して打牌選択すべきでしょう。

チートイツ、序盤の構え方

 「テンパイ率に大差なければ、メンツ手にも見えるように河を作ることで出アガリ率を高める。」「スジで持っている牌が重なりやすいわけではないが、スジで持っている牌が重なるとき、他家のメンツ手が出来にくい分チートイツがアガリやすい。」。「もっと勝つための現代麻雀技術論」第48回49回で取り上げたことと同様の内容が示されています。

 このコラムが書かれたのは2006年、私がweb版の「現代麻雀技術論」を記す前。本書で言うところの、「甘いデジタル小僧」だった頃のことです。従来の戦術論には誤った内容も多かったとはいえ、先人達の鋭い洞察力には時に感服させられます。

本記事に関するご紹介

「山読みの魔術師」成岡明彦の超絶技巧が今、明かされる!
麻雀界の「秘境」とも呼ばれる101競技連盟において、圧倒的な実績をもって君臨する天才・成岡明彦。ベールに包まれたその魔術的なテクニックを、福地誠が徹底解剖!
井出洋介ら往年の名人から天鳳位までもが加わって読み解く珠玉の実戦牌譜の数々が、あなたの麻雀ををまだ見ぬ高みへと連れて行く。
 
成岡 明彦 (著)
福地 誠 (編集)
発売日:2016年04月02日
定価:本体1,512円+税
AMAZON販売ページ

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top