麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【10/31 Mリーグ 結果】第1試合は雷電・瀬戸熊がトップで連勝!第2試合はサクラナイツ・岡田とPirates・小林の同点トップに!

【10/31 Mリーグ 結果】第1試合は雷電・瀬戸熊がトップで連勝!第2試合はサクラナイツ・岡田とPirates・小林の同点トップに!

CABO求人MEWS

麻雀プロリーグ「大和証券 Mリーグ2019」。20日目の戦いが10/31(木)に開催された。

【出場チーム】
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
チーム雷電
UNEXTパイレーツ

10/31の対戦カード ©AbemaTV
実況解説は日吉、土田 ©AbemaTV

第1試合は沢崎誠、瑞原明奈、茅森早香、瀬戸熊直樹が出場。

第1試合の出場選手 ©AbemaTV

東1局 親番の茅森が2000オール、7700とアガりリードを得る。

東1局 茅森の2000オール ©AbemaTV
東1局1本場 茅森の7700 ©AbemaTV

しかしその後の2本場で瀬戸熊が茅森から8000をアガりトップ争いは二人のつばぜり合いとなった。

東1局2本場 瀬戸熊の8000 ©AbemaTV

この後は茅森が着実にかわし手を決め、微差ながらリードして南入。しかし瀬戸熊が南1局に8000をアガリ一歩リードした。

南1局 瀬戸熊の8000 ©AbemaTV

瑞原はオーラス跳満ツモでトップとなる4着目。平和ドラ1高め一盃口のリーチを打ち高めのツモあがり。裏が乗り跳満になればトップだったが裏ドラは乗らず3着。トップは瀬戸熊の逃げ切りとなった。

南4局 瑞原の2000・4000 ©AbemaTV
第1試合トップの瀬戸熊 ©AbemaTV

1位 瀬戸熊(雷電)+50.0
2位 茅森(フェニックス)+8.6
3位 瑞原(Pirates)▲15.7
4位 沢崎(サクラナイツ)▲42.9

第2試合は園田賢日向藍子、二階堂亜樹、前原雄大の対局。

第2試合の出場選手 ©AbemaTV

東2局2本場で岡田が7700をアガリリード。

東2局2本場 岡田の7700 ©AbemaTV

東2局3本場では3軒リーチとなり小林が魚谷から12000をアガり先ほどの7700の放銃を取り返す。

東2局3本場 小林の12000 ©AbemaTV

しかしその後の東3局、2軒リーチが入り小林も聴牌。しかしリーチ宣言牌が岡田に捕まり8000。岡田が大きくリードした。

東3局 岡田の8000 ©AbemaTV

最終局南4局1本場では2着目小林と17600点差。8000の直撃でもしかし1000点差でトップキープだったが魚谷のリーチが入る。

親の魚谷のリーチ、ドラポンの小林に挟まれて、岡田は点数を確認しながら魚谷の現物ので小林に放銃となった。

南4局 小林の8000 ©AbemaTV

インタビューにて岡田は「放銃しても単独トップだと思っていた、情けないミスをしてしまい申し訳ありません。」と悔しさをにじませた。

同点となった小林と岡田 ©AbemaTV

1.5位 岡田(サクラナイツ)+33.9
1.5位 小林(Pirates)+33.9
3位 黒沢(雷電)▲19.0
4位 魚谷(フェニックス)▲48.8

10月31日終了時点の順位表 ©AbemaTV

11/1(金)の対局は赤坂ドリブンズ、KONAMI麻雀格闘倶楽部、渋谷ABEMAS、UNEXTパイレーツの対戦となる。

11/1の対戦カード ©AbemaTV

また、11月1日の開催はPVも開催される。PV解説は雷電、フェニックスのメンバーとなっている。

放送の実況・解説は松嶋桃、勝又健志となっている。

11月1日番組ページ

成績

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top