麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
セガサミーフェニックス 髙畑大輔監督「キーマンは和久津晶です」

セガサミーフェニックス 髙畑大輔監督「キーマンは和久津晶です」

CABO求人ニルウッドカバー

 昨季はファイナル最終戦のオーラスまで優勝争いを繰り広げたセガサミーフェニックス。個人MVPの魚谷侑未(連盟)、4着回避率リーグナンバー1の近藤誠一(最高位戦)、初年度打点王の茅森早香(最高位戦)、昨季ドラフト指名され、節目で勝利を収めてきた和久津晶(連盟)ら4選手との再契約を、昨季シーズン終了後いち早く発表していた。

 あらゆるデータを駆使してチームを率いる髙畑大輔監督に、今季にかける思いを聞いた。

 

昨季準優勝という結果に対しては?

「やることやっての結果だったと受けとめています。うちの選手はイエローカードもチョンボも誰も1回もしたわけでもないですし、それによるマイナス20ポイントが敗因となったとなれば話は別ですけど、4人とも自分の麻雀を打ってくれたんで、結果が準優勝だったのはしょうがないというか、最後は展開のアヤじゃないですけど、それはもう麻雀の神様が決めたことなんで」

 

セガサミーフェニックスの今季スローガンは?

「今まで通り、セガサミーグループがMission(存在意義)として掲げている『感動体験を創造し続ける』というのは、初年度のドラフト前、チームを作る構想段階から全く変わっていませんし、今季もこれをチームで体現していきます」

写真左から茅森早香、魚谷侑未、近藤誠一、和久津晶の4人体制で悲願の初優勝を目指すセガサミーフェニックス

ズバリ今季のキーマンは?

「和久津晶です。近藤、魚谷の二人は2年目で安定した成績を出してくれているので、そこに期待しているのは当然と言えば当然なので。なぜ和久津かというと、初トップを取るまでにだいぶ苦労をしましたが、それ以降は好成績を収めているからです。初トップ以降、シーズン後半戦の着順別回数は1位5回、2位2回、3位2回、4位2回でトップ率は45%を超えています。トータルスコアも単純加算すれば+184ポイントと後半は好成績を出しています」

 

「今季は2年目ということもあり、環境への対応もできると思うので、最初から飛ばして行ってもらえれば、本来の和久津晶の姿になるんじゃないかなと思っています」

 

チーム運営において心がけていることは?

「選手にストレスを与えない、その1点です。具体的には私自身が嫌だなと思うことを感じさせないことは心がけています。たとえば新型コロナウイルスの影響で、換気のために控え室のドアを開けておかなければならない。となれば、控え室の前を毎回誰か彼かがちらちら見ていくのも嫌なものなので、昨季ファイナルステージの時は、初日から暖簾を買ってきて仕切りを入れたりとか、控え室ではくつろげるよう、壁際にマットを置いて座れるようにしたりとか、選手がリラックスできる環境を整えています」

 

采配に関しては、独自にデータを収集されているそうですが

「データ収集に関してはデータ+人読みを重視しています。ただ対戦相手との相性の良し悪しがいくらわかっていても、相性のいい相手が来るかどうかは采配で外れてしまえば、データの因果関係がわかっていてもやはり難しい結果が出やすいわけです」

「あえて言うなら多くの選手が嫌がった南家で成績がいい魚谷を、場決めで南家を引いたときに投入したりとか、和久津が最初にトップ取った時は、1日2戦の2戦目で西家だった等、そういったタイミングの時には行かせたりというのはありました」

「ただ今季からは試合前の場決めが無くなったので、席の有利不利が無くなりました。レギュラーシーズン最終日を除く44日間、計88試合が東南西北を均等に22試合ずつとなり、事前に並びと席も決まっているので、ファンの方たちにとっては、私の考えている采配の意図や狙いが見やすくなるのかなとは思っています」

「Mリーグを初めて見る方には、まずは好きな選手をみつけてもらえたらと思いますね」

 

コロナ禍におけるファンイベント等はどのように考えていますか?

「毎回150人前後集まる社内パブリックビューイングはうちぐらいしかないと思うので、まずはそれがいつ再開できるかだと思います。オンラインサロンみたいなことは、ハードルが高くなってしまうので、あまりやってはいませんが、たくさんの方に見てもらって知ってもらうためにも、今は我慢の時かなとは思っています」

 

髙畑大輔(たかはた・だいすけ)プロフィール

1981年、北海道生まれ。セガサミーホールディングス株式会社。セガNET麻雀「MJ」ディレクター。

◎写真:佐田静香(麻雀ウォッチ) 、インタビュー構成:福山純生(雀聖アワー)

Mリーグ 各チーム情報、ツイッターアカウント

▼Mリーグ各チーム情報

赤坂ドリブンズ:https://twitter.com/AkasakaDrivens
EX風林火山:https://twitter.com/EX_Furinkazan
KADOKAWAサクラナイツ:https://twitter.com/kadokawa_sk
KONAMI麻雀格闘倶楽部:https://twitter.com/mfcmleague1
渋谷ABEMAS:https://twitter.com/shibuya_Abemas
セガサミーフェニックス:https://twitter.com/SEGASAMMY_PNX
TEAM RAIDEN / 雷電:https://twitter.com/RaidenTeam
U-NEXT Pirates:https://twitter.com/unext_pirates

 

この記事のライター

福山純生 (雀聖アワー)
雀聖アワー代表。
マージャン普及を目的とした様々な事業を展開。
好きな手役は門前混一色七対子。
雀聖アワーオフィシャルサイト:http://8141.info/jansei/

新着記事

Return Top