麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/17 Mリーグ2021 第1試合結果】日向藍子が開局7本場まで積み上げる猛攻!今シーズン初トップ!沢崎誠が残り少ない枚数でもアガリをものにし2着!

【12/17 Mリーグ2021 第1試合結果】日向藍子が開局7本場まで積み上げる猛攻!今シーズン初トップ!沢崎誠が残り少ない枚数でもアガリをものにし2着!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」44日目が12月17日(金)に開催された。

12月17日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:日向藍子

南:沢崎誠

西:石橋伸洋

北:茅森早香

第1試合

東1局、ダブ東の[東][中]が対子の手牌。どちらもすぐにポンでき、すぐにテンパイ。

石橋から[1]が放たれ日向の5800のアガリ。

東1局 日向 ダブ東・中 5800 ©ABEMA

東2局1本場、石橋が4巡目のカン[⑧]待ちのリーチ。

東1局1本場 石橋の手牌 ©ABEMA

ヒントの少ない石橋のリーチに、日向はまっすぐ手を進め、石橋の当たり牌[⑧]を重ねて高目三色18000のリーチ。

東1局1本場 日向の手牌 ©ABEMA

結果は流局。

東1局2本場。沢崎がカン[四]待ちの一気通貫テンパイ。ヤミテンに構えるが[四]は茅森の手に槓子。

東1局2本場 沢崎の手牌 ©ABEMA
東1局2本場 茅森の手牌 ©ABEMA
東1局2本場 石橋の手牌 ©ABEMA

[8]をポンした日向。[中]の片アガリのテンパイ。石橋が[中]が出ていく形でテンパイし、リーチを宣言するも日向のアガリで連荘。

東1局2本場 日向 中 1500 ©ABEMA

東1局3本場、日向がラス牌の[2]を引き入れ[三][六][九]リーチ。日向の待ちは山に6枚残っていたが、中々アガリは出ず、茅森が追いついてリーチ。

東1局3本場 茅森の手牌 ©ABEMA

リーチ対決の軍配は日向。茅森からの[三]出アガリで7700の加点。

東1局3本場 日向 リーチ・一盃口・ドラ 7700 ©ABEMA

 

東1局4本場、ドラの[発]を重ねた日向。高目チャンタ三色のリーチ。

東1局4本場 日向の手牌 ©ABEMA
東1局4本場 石橋の手牌 ©ABEMA

石橋もテンパイして追いかける。石橋の待ちはリーチ時5枚。日向の待ちは高目の[9]がなくなり、残るは[6]1枚となったが石橋が[6]を掴む。

裏ドラが1枚のり、日向の12000のアガリで連荘。

東1局4本場 日向 リーチ・ドラ3 12000 ©ABEMA

東1局5本場。石橋が先制リーチ。日向も終盤でテンパイを入れ、流局。

東1局6本場。日向がダブ東の[東]をポンしてドラを重ね、12000のテンパイ。

東1局6本場 沢崎の手牌 ©ABEMA

沢崎もタンヤオ赤赤をヤミテンも日向がツモ。4000オールで持ち点は7万点をこえる。

東1局6本場 日向 ダブ東・ドラ2 4000オール ©ABEMA

 

日向の親が終わったのは東1局7本場。開局7本場はMリーグ史上初。

茅森ドラの[発]を雀頭にしたリーチをツモって2000・4000。

東1局7本場 茅森 リーチ・ツモ・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

東2局、西家の茅森が[西]をポンして萬子のホンイツへ。

東2局 茅森の手牌 ©ABEMA

ドラの[7]単騎で七対子テンパイの石橋。ヤミテンとするも、下家の萬子仕掛けの茅森に[三]が切り切れず、[三]単騎でリーチ。

東2局 石橋の手牌 ©ABEMA

沢崎が[⑥]単騎をツモって連荘。

東2局 沢崎 2000オール ©ABEMA

東2局1本場は、茅森が[赤5]を引き入れ[3][6][9]リーチ。沢崎もかいくぐりながらテンパイも、茅森がツモって2000・4000。

東2局1本場 茅森 リーチ・ツモ・タンヤオ・赤 2000・4000 ©ABEMA

東3局、日向が先制リーチも、親の石橋がドラの[白]を切って追いかけリーチ。

東3局 日向の手牌 ©ABEMA

日向が一発目に掴んだのは石橋の当たり牌高目[④]。石橋18000のアガリで地上に復帰。

東3局 石橋 リーチ・一発・ピンフ・三色・赤1 18000 日向の手牌 ©ABEMA

東3局1本場、石橋が[1]チーから仕掛けてカン[6]待ちのホンイツテンパイだが、日向が仕掛けてアガリ切る。

東3局1本場 石橋の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 日向 タンヤオ 1000 ©ABEMA

東4局、親の茅森が1枚目の[白]をスルーして[白][六]のシャンポン待ちでリーチ。

中筋になった[六]で沢崎が放銃。茅森7700のアガリで日向に迫る。

東4局 茅森 リーチ・ドラ1・赤1 7700 ©ABEMA

東4局1本場は沢崎の一人テンパイで流局。

東4局1本場 流局 ©ABEMA

南1局2本場、終盤に石橋がペン[⑦]を引き入れリーチ。沢崎も[赤⑤]単騎の七対子のリーチをぶつけていく。

南1局2本場 石橋の手牌 ©ABEMA
南1局2本場 沢崎の手牌 ©ABEMA

茅森もテンパイを取り切る。日向の一人ノーテンで流局。

南1局2本場 流局 ©ABEMA

南2局3本場供託2本。親の沢崎が[三][六]待ち先制リーチだが、山には残り1枚。

南2局3本場 石橋の手牌

石橋も4枚残っていたカン[2]リーチも沢崎がラス牌[三]ツモで4000オール。

南2局3本場 沢崎の手牌 ©ABEMA

沢崎が2着目浮上。南2局4本場、石橋が[③][⑥]のノベタンリーチ。沢崎もタンヤオのカン[六]でテンパイすると、ツモ番なしリーチ。石橋の待ちの[⑥]が1枚残っていたが、流局。

南2局4本場 流局 ©ABEMA

南2局5本場を制したのは日向。一盃口が完成しカン[4]のヤミテン。[4]が茅森から放たれ、局が進む。

南2局5本場 日向 一盃口・赤1 2600 ©ABEMA

南3局、加点したい石橋の親番だが。茅森がピンフドラ赤の先制リーチ。ツモって2000・4000で沢崎をかわす。

南3局 茅森 リーチ・ピンフ・ツモ・ドラ1・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南4局2着目に浮上した茅森の親番。沢崎がカン[二]待ちの役無しテンパイをヤミテン。ツモのみでも茅森を逆転する。

南4局 沢崎の手牌 ©ABEMA

日向が[4][7]でリーチ。道中[四]を暗槓して新ドラが2枚のる。茅森は[南]をポンして[中][⑨]のシャンポン待ちでテンパイも[7]で放銃。

南4局 茅森の手牌 ©ABEMA
南4局 日向 リーチ・一盃口・ドラ2・赤1 8000 ©ABEMA

日向の8000のアガリとなり、第1試合終了。

日向は今シーズン初トップとなった。

第1位試合トップの日向 ©ABEMA

第1試合結果
1位 日向(ABEMAS)+71.3
2位 沢崎(サクラナイツ)+7.3
3位 茅森(フェニックス)▲19.3
4位 石橋(Pirates)▲59.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合の結果はコチラ!

【12/17 Mリーグ2021 第2試合結果】内川幸太郎がオーラス倍満ツモで大逆転トップ!小林剛は序盤から攻め、危なげないゲーム展開で条件を突きつけるも捲られ2着!

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top