麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【12/22 Mリーグ2023-24 第2試合結果】萩原聖人が要所で高打点を着実に捉えてトップ獲得!日向藍子は跳満を2度決めるも2着まで、雷電はこの勝利で6位に浮上!

【12/22 Mリーグ2023-24 第2試合結果】萩原聖人が要所で高打点を着実に捉えてトップ獲得!日向藍子は跳満を2度決めるも2着まで、雷電はこの勝利で6位に浮上!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」56日目が12月22日(金)に開催された。

12月22日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:松ヶ瀬隆弥

南:萩原聖人

西:鈴木大介

北:日向藍子

第2試合

東1局、萩原がタンヤオ赤1の[三][③]シャンポン待ちで先制リーチ。[③]をツモ、2000・4000のアガリで開局となる。

東1局 萩原 リーチ, ツモ, タンヤオ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東2局、日向がタンヤオドラ2高目一盃口の[④][⑦]待ちで先制リーチ。同じくドラ2の大介がイーシャンテンから[⑦]を打ち出し、高目での放銃。さらに裏ドラが2枚乗り、日向が12000のアガリを決めてトップ目に躍り出た。

東2局 大介の手牌 ©ABEMA
東2局 日向 リーチ, タンヤオ, イーペーコー, ドラ×2, 裏ドラ×2 12000 ©ABEMA

東3局、日向が2巡目に[東]をポンしてホンイツのペン[⑦]待ちテンパイ。そこに親の大介がピンフドラ2の[②][⑤]待ちでリーチを敢行する。リーチを受けた日向は無筋を押して勝負していくと、大介が[⑦]を掴んで5200の加点に成功。着実にリードを広げていく。

東3局 大介の手牌 ©ABEMA
東3局 日向 東, ホンイツ 5200 ©ABEMA

東4局は大介がリーチを掛けるも、1人テンパイで流局。南入となる。

東4局 流局 ©ABEMA

続く南1局1本場、親の松ヶ瀬が[五][八]待ちの先制リーチ。大介が仕掛けてマンズのホンイツに向かい、[一][四]待ちの満貫天お会いを入れるも、[八]を掴んで痛恨の放銃。裏が1枚乗って3900のアガリ。

南1局1本場 大介の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 松ヶ瀬 リーチ, 裏ドラ×1 3900 ©ABEMA

南1局2本場は松ヶ瀬がピンズを3つ仕掛けてホンイツのアガリ。1300オールの加点で2着目の萩原に迫る。

南1局2本場 松ヶ瀬 ホンイツ 1300オール ©ABEMA

南1局3本場、松ヶ瀬がドラのカン[5]待ちで先制リーチ。役牌を仕掛けた日向はこの時点で既に1000点のテンパイを入れていたが、リーチを受けて撤退。そこにダブ[南]をポンしていた萩原が押し返し、[①][④]待ちの満貫テンパイに辿り着く。2人の捲り合いは松ヶ瀬が[④]を掴んで決着し、萩原が8000のアガリを決めて再びトップ目に浮上した。

南1局3本場 日向の手牌 ©ABEMA
南1局3本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南1局3本場 萩原 ダブ南, ドラ×2, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

南2局は[東][南]どちらも暗刻にした親の萩原が[2][3]のシャンポン待ちテンパイをダマに構える。大介も追いつくが、リーチ宣言牌として打ち出した[3]を捉えられて放銃。萩原が9600の加点に成功した。大介は苦しい放銃が続き箱下へ。

南2局 大介の手牌 ©ABEMA
南2局 萩原 東, 南, ドラ×1 9600 ©ABEMA

南2局1本場も萩原が止まらない。[南]のポンテンを取らずに[②][⑤]待ちリーチに辿り着くと、中盤にラス牌の[②]をツモ。2000オールのアガリで持ち点は55,000を超えた。

南2局1本場 萩原 リーチ, ツモ, ドラ×1 2000オール ©ABEMA

南2局2本場は松ヶ瀬が2枚目の[南]をポンして[六][九]待ちのテンパイ。日向から打たれた[九]を仕留め、3900のアガリ。

南2局2本場 日向の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 松ヶ瀬 南, ドラ×1, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

南3局、遮二無二仕掛けてペンカン[三]の聴牌を入れた萩原、しかしそこに日向の平和ドラ1赤2のリーチが襲い掛かる。

萩原は真っ向勝負を選択したが、日向が[四]ツモアガリ。3000・6000で大きく点差を縮めた。

南3局 日向 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

南4局、日向が6巡目にドラ1赤1のカン[三]リーチにたどり着く。

トップ目の萩原、しばし押し返して聴牌、役ありダマテンとしていたが、ここに大介も[①][④][⑦]待ちリーチで参戦。

大介が日向から一発で[④]を捉えて8000のアガリで決着。

萩原がここ一番で大きなトップを獲得、雷電はこの勝利で6位に浮上となった。

オーラス 日向の手牌 ©ABEMA
オーラス 萩原の手牌 ©ABEMA
オーラス 大介 リーチ, 一発, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA
第2試合トップの萩原 ©ABEMA

第2試合結果
1位 萩原(雷電)+73.3
2位 日向(ABEMAS)+15.1
3位 松ヶ瀬(風林火山)▲20.8
4位 大介(BEAST)▲67.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月22日トータル結果

雷電(本田3着・萩原1着)+39.1
BEAST(大介1着・大介4着)+36.8
風林火山(勝又2着・松ヶ瀬3着)▲25.6
ABEMAS(多井4着・日向2着)▲50.3

大介は今季最高スコアトップを獲得したが、2戦目の4着でデイリートップならず。萩原がトップでABEMASをかわして雷電が6位に浮上した。

多井は無念の4着となったが、ここからどのように巻き返していくか注目だ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月25日の対戦カード ©ABEMA
12月22日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top