麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【4/30 Mリーグ2023-24 第1試合結果】要所で高打点を決めた日向藍子が涙のトップ!渡辺太は2着に食い込みドリブンズのファイナル進出に大きく前進!

【4/30 Mリーグ2023-24 第1試合結果】要所で高打点を決めた日向藍子が涙のトップ!渡辺太は2着に食い込みドリブンズのファイナル進出に大きく前進!

CABO求人麻雀BarWatch

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2023-24」セミファイナルシリーズ14日目が4月30日(火)に開催された。

4月30日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:仲林圭U-NEXT Pirates

南:渡辺太(赤坂ドリブンズ

西:松ヶ瀬隆弥EX風林火山

北:日向藍子渋谷ABEMAS

第1試合

東1局、太が場風の[東]をポンして[④]をトイツ落とし。ソーズに寄せる。太が二副露目をしたところで、松ヶ瀬が[白]をポンして対抗。松ヶ瀬は続いて二副露目も入れてテンパイ。[③][⑥]待ちで先手を取る。ここで親番仲林が[三][六]待ちのピンフリーチ。しかし仲林が松ヶ瀬のアタリ牌をつかんで放銃となった。

東1局 松ヶ瀬 白, ドラ×1, 赤ドラ×1 3900  ©ABEMA

東2局、仲林に反撃のきっかけとなるドラ3の手が入る。しかしファーストテンパイは松ヶ瀬。カン[②]待ちから[①][2]のシャンポン待ちへと変化させるものの、役なしのダマテンを続行。最後は1度切った[③]の後引きを生かして、再びカン[②]待ちにしてリーチ。日向が飛び込んで松ヶ瀬は2局連続のアガリとなった。

東2局 松ヶ瀬 リーチ 1300  ©ABEMA

東3局、日向が[6][7]のターツを払ってマンズに寄せる。[白]から仕掛け始めると、続けて[東]もポン。カン[五]待ちでテンパイ。ここに太が役なしダマテンで追いついたが、最後は日向がツモアガリ。一撃でトップ目に立った。

東3局 日向 東, 白, ホンイツ 2000・4000  ©ABEMA

東4局、親番の日向が3巡目に[赤5]を河に放ち、場に緊張感が走る。特にドラである[白]の所在が気になるところだが、これが太の手に1枚。後に日向の手にも1枚入り、残り2枚の行方に注目が集まる。どこにもテンパイが入らないまま終盤、松ヶ瀬が形式テンパイに向けて動き出す。しかし成就はせず、全員ノーテンで流局となった。渋谷ABEMASの貴重な親番が落ちる。

東4局 流局 ©ABEMA

南1局、親番の仲林がドラドラ赤の手からリャンメンチー発進。次巡すぐにテンパイを入れると、三色になる方の[⑧]が太から出てロンアガリ。トップ目の日向に並びかける。一方、手痛い放銃となった太は4着目に後退。

南1局 仲林 タンヤオ, 三色同順, ドラ×2, 赤ドラ×1 12000  ©ABEMA

南1局1本場、仲林が1つ仕掛けてカン[三]待ちのテンパイを入れたところで、太からカン[⑥]待ちリーチがかかる。日向はチートイツで粘っていたが、[三]をつかんで回る。最後は松ヶ瀬のリーチ宣言牌を太がとらえて2600は3200となった。

南1局1本場 太 リーチ, 裏ドラ×1 2600  ©ABEMA

南2局、先制リーチは親番太。この一発目に松ヶ瀬にもテンパイが入ったものの、リーチ宣言牌は太のアガリ牌。太は12000を手にして連荘に成功した。

南2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南2局 放銃となった松ヶ瀬 ©ABEMA
南2局 太 リーチ, 一発, ピンフ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 12000  ©ABEMA

南2局1本場、2つ仕掛けた太がカン[七]待ちのテンパイを入れると、日向が[白][3]のシャンポン待ちで追いつく。日向がテンパイに向かう道中で加カンしたところ、新ドラが太の仕掛けに3枚乗った。しかし最後は日向が高めの[白]をツモアガリ。ライバル太から6000を引き出す3000・6000となった。

南2局1本場 アガった日向 ©ABEMA
南2局1本場 日向 西, 白, トイトイ, ホンイツ 3000・6000  ©ABEMA

南3局、先制リーチは松ヶ瀬。ここに日向が四暗刻を目指した手組みで迫るが、最後はポンしてテンパイを入れる。松ヶ瀬にハイテイが回ったものの、ツモアガリはできなかった。三軒テンパイで流局。

南3局 日向のポンテン ©ABEMA
南3局 流局 ©ABEMA

南3局1本場、先制テンパイは日向。[白]を暗刻にした[六][九]待ち。ここに太が[②][⑤]待ちで追いつくもののダマテン。さらに同巡親番松ヶ瀬が[一]タンキで、こちらはリーチを選択。この三軒テンパイに対し、仲林はいったん[一]に手がかかったものの、思い直して[九]を選択。

南3局1本場 仲林の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 日向 白, 赤ドラ×1 2000  ©ABEMA

南4局、着アップをねらう太がリャンメンの[③][⑥]待ちでリーチ。これに日向が飛び込んで6400の放銃。日向はトップのままゲームを終えられたものの、太は2着になって試合終了となった。

インタビューでは当初は気丈に振舞っていた日向だったが、終盤には涙が自然にあふれてきた。

インタビュアーの松本圭世さんにも最後はその涙が伝染していたようだ。

そのパワーを受け継いで最終戦に出場となるのは白鳥翔。どのような戦いを見せるのか。

南4局 太 リーチ, ドラ×1, 赤ドラ×1 6400  ©ABEMA
第1試合トップの日向 ©ABEMA

第1試合結果
1位 日向(ABEMAS)+62.9
2位 太(ドリブンズ)+7.2
3位 仲林(Pirates)▲18.0
4位 松ヶ瀬(風林火山)▲52.1

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top