麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第30回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第30回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第1節1回戦A卓

▼対局者
おじさん
Ⓟ谷口浩平
Ⓟ川崎たかし
タケオしゃん

 次節(11月30日)まで期間が空くので、これまでの対局の中で気になった局面を取り上げていくことにします。

牌譜はこちら

 配牌でいきなりチートイツ1シャンテン。メンツ手の受け入れを残す必要性は薄いですが、配牌からのリャンメンを落としたうえに端牌の落としとなればチートイツが読まれやすくなるという欠点があります。
 「出アガリ期待の単騎待ち」は他家に警戒されているかどうかでアガリ率に結構差がつき、中張牌の単騎テンパイになっても巡目が早ければ手変わりを待つ猶予があるので、これくらいなら打トイツなのでよりスジ待ちになりにくい)もありそうです。

 ここではメンツを残さず、単騎になった時に出アガリしやすいようにツモ切り。しかし結果的にはここからとツモってテンパイ逃し。チートイツとメンツ手の比較は未だに結論が出せないところも多く難しいです。

 2シャンテンからメンツを崩してチートイツ決め打ち。は安牌として残したというのもありそうですが、こちらは残り1枚で、メンツ手1シャンテンになる受けも残すに越したことはないとみて打としそうです。

 西家もチートイツ1シャンテン。東家の役がタンヤオや役牌後付けだとするとの後でと手出しで落としているのが不自然。一色手だとするとの後で手出しが不自然。チートイツ狙いからのトイトイ移行とみてよさそうです。
 トイトイならアンコで持っているはほぼ安牌。が引っ張られていることからそばのがトイツで持たれている可能性が高いとみてチートイツに決める打が有力そうです。

 北家もチートイツ1シャンテン。トイツがアンコになるようなら完全1シャンテンに取れる形ではありますが、が残り1枚となるとチートイツに決める打と迷います。

 そして南家もチートイツ1シャンテン。チートイツやトイトイという役が存在し、トイツ以上で持たれている牌の周りはシュンツができにくいので、全体的にトイツ手傾向になることはよくあることですがここまで全員がトイツ手狙いになるのは珍しいです。

 チートイツ1シャンテンになるのが最も遅かった南家がテンパイ。一般論としては字牌単騎はリーチした方がアガリやすいのですが、終盤(待ちが絞られやすく降り打ちが期待しにくいのでダマの方がややアガリやすい)、2枚切れ(1枚切れ以下の場合のように、トイツ落としからの振り込みといったリーチしたおかげでアガれる可能性が減る)、ダマでもアガればほぼトップとなるとダマ有力とみましたが、リーチした方が東家の連荘を阻止しやすいという要素もあるのでこのあたりの判断も難しいです。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top