麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの戦術本レビュー第489回「新版おしえて!科学する麻雀 著:とつげき東北 編:福地誠 その11」

ネマタの戦術本レビュー第489回「新版おしえて!科学する麻雀 著:とつげき東北 編:福地誠 その11」

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

第1章 攻撃とオリに絞ろう

 棒テン即リー全ツッパという言葉があります。棒テンとは最速のテンパイを目指す打ち方。即リーはテンパイしたらすぐにリーチをかけること。全ツッパは他家の攻撃を無視して自分の不要牌を切ることを指します。

 この言葉が正確にはどのような意味なのか、どのような意図で用いられるようになったのかは定かではないですが、「全ツッパ」が文字通り、どのような時も他家の攻撃を無視するという意味であるなら、不要な振り込みが増え過ぎて勝てるものも勝てません。初心者向けの方針としてはあまりにも不親切です。

 しかし、「棒テン」「即リー」を徹底されるだけでも対戦者としてはやりづらくなるので、「カモ」を養成するために吹聴した言葉とも思えません。そのためならそれこそ、「美しい手作り」を徹底させようとするでしょう。

 私はこの言葉は、(テンパイするまでは)棒テン、(メンゼンでテンパイしたら)即リー、(鳴いてテンパイしたら)全ツッパの意味で、「攻撃」に絞った初心者向けの方針と解釈しています。「攻撃」の段階をテンパイ以前、メンゼンテンパイ、鳴きテンパイの3つに分けてそれぞれの方針が示されていると考えれば合理的ではないでしょうか。

 では、「オリ」に絞った方針を示すならどうなるでしょうか。これはまさに「攻撃」とは逆、テンパイする前に他家がテンパイしたらオリ、オリるつもりなら攻撃は考えずに徹底して安全な牌から切る。となります。「攻撃」と「オリ」が全てではないのですが、初心者のうちは特に、「攻めてもいなければオリてもいない」ミスが多いものです。麻雀を覚えたての人がまずはこの方針に従って打つのがよいというのは勿論のことですが、ある程度打ち慣れた雀士であったとしても、この方針がベースにあることを踏まえたうえで、実戦の手牌、局面に応じてどのように打ち方を変えるべきかを考えることをお勧めします。

本記事に関するご紹介

麻雀戦術のパラダイムシフトは
ここから始まった! 
これがデータ麻雀の聖典だ! 

ツキや流れの「ひらめき麻雀」に終わりを告げた
伝説の「データ麻雀」の聖典が、全頁2色になって降臨! 
『科学する麻雀』をもっとも読み込んだと豪語する
経済評論家・勝間和代との特別鼎談「麻雀はどこまで科学できるのか?」や、
「危険を察知せよ! 読みの技術論」なども新規収録! 
強者になりたければ、本書を使い倒せ!!

 

とつげき東北(著)
福地誠(編)
定価:1,404円
AMAZON販売ページ

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。1984年佐賀県生まれ。東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top