麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの戦術本レビュー第491回「新版おしえて!科学する麻雀 著:とつげき東北 編:福地誠 その13」

ネマタの戦術本レビュー第491回「新版おしえて!科学する麻雀 著:とつげき東北 編:福地誠 その13」

CABO求人MEWS

第3章 良形先制でリーチすべきでない条件 

 13巡目の良形先制ダマの和了率が70%以上とありますが、巻末で多井プロが指摘されている通り実戦ではここまで和了が見込めることはなかなかありません。これは卓のレベルの差というよりはシミュレータの仮定に問題がありました。実戦ではダマにしたために他家が自由に手を進めてアガられることもありますし、終盤で手が入っていない相手からはダマにしてもアガリ牌は容易に出ないものです。

 そのあたりを踏まえたうえでシミュレートした結果によると、ダマ4翻リャンメンテンパイに関しては何と巡目によらずリーチが局収支で勝るとのことです。

 ではダマで満貫あっても何でもリーチがよいかとなるとそうではないでしょう。シミュレートでは局収支上有利とはいえ、元々高打点同士の比較なので誤差も大きくなります。この程度の差なら場況からダマなら比較的出やすく、リーチしたら比較的出にくいという理由でダマにした方がよいこともそれなりにありそうです。

 また、ややリードしているトップ目という前提で天鳳の順位点ベースで判断した場合は優劣不明という結果になっています。着順を考慮したうえでダマにするケースについてもやはりそれなりにありそうです。

 巡目が深い場合も実際にはダマにすることが増えると思います。何故なら河の情報量が増え、こちらの当たり牌を止めた他家が回し打ちからアガりきってしまう、あるいは流局テンパイを取られる可能性も高まるため、リーチに全員が降りたとしても流局時にテンパイ料を得られるとは限らないケースも増えるためです。

参考:ブログ「とりあえず麻雀研究始めてみました」より「両面ダマ4ハン手と端寄り待ちと中寄り待ち」

本記事に関するご紹介

麻雀戦術のパラダイムシフトは
ここから始まった! 
これがデータ麻雀の聖典だ! 

ツキや流れの「ひらめき麻雀」に終わりを告げた
伝説の「データ麻雀」の聖典が、全頁2色になって降臨! 
『科学する麻雀』をもっとも読み込んだと豪語する
経済評論家・勝間和代との特別鼎談「麻雀はどこまで科学できるのか?」や、
「危険を察知せよ! 読みの技術論」なども新規収録! 
強者になりたければ、本書を使い倒せ!!

 

とつげき東北(著)
福地誠(編)
定価:1,404円
AMAZON販売ページ

新着記事

Return Top