麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
連盟が逆転優勝 最高位戦2位、協会3位、RMU4位/第1回麻雀プロ団体日本一決定戦第4節

連盟が逆転優勝 最高位戦2位、協会3位、RMU4位/第1回麻雀プロ団体日本一決定戦第4節

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

<麻雀プロ団体日本一決定戦>◇最終日◇25日

 日本プロ麻雀連盟、最高位戦日本プロ麻雀協会、日本プロ麻雀協会、RMUの4団体による『第1回麻雀プロ団体日本一決定戦』(主催:株式会社サイバーエージェント)の最終第4節が9月25日に行われ、前節まで3位の日本プロ麻雀連盟が逆転優勝を果たした。

 最終日は各団体のタイトルホルダー(大将)が直接対決し、大将戦のポイントが2倍となるルールで行われた。日本プロ麻雀連盟の大将・勝又健志(鳳凰位)が、2回戦東2局の親番、6本場まで積む大連荘で90800点まで加点する。最終的には89400点のトップとなり、この半荘だけで178.8ポイントを荒稼ぎし、トータルトップに浮上した。3回戦でもトップを取った勝又の活躍で、最終5回戦の大将戦を残した時点で2位に367.8ポイント差を付け、最終戦は仲間に見守られながら大量リードを生かして悠々と逃げ切った。

 日本プロ麻雀連盟の森山茂和会長は、「選手たちがプレッシャーに打ち勝って、勝ちきってくれましたので頼もしく思っています。」と選手をねぎらい、「プロ連盟の麻雀を打てば勝てると思っていましたが、途中揺れた部分もあったので、それが次回の課題ですね。次はもっと強い人を出そうと思います。」と次回へ気を引き締めていた。

 

 2位にはトータル118.2ポイントで最高位戦日本プロ麻雀協会。平賀聡彦(最高位戦)がこの日も3トップを取り、トータル382.3ポイントで個人1位だったが、最終戦での村上淳、金子正輝の不調が響いた。

 3位の日本プロ麻雀協会はトータル▲25.9ポイント。前節までに第1節での出遅れを取り戻したが、最終節では大きくマイナス。

 RMUは▲289.4ポイントで最下位だったが、この日だけで305.3ポイントをプラスして、意地を見せた。

 

 連盟の大将・勝又は、「ほっとしました。必ず勝たなければいけなかったので、解放されたものがありますね。チームメイトは信頼してますので、自分の麻雀に集中しようと思っていました。東2局のドラのを重ねて4000オールをツモったところが全てだったかなと。そのポイントを生かして、その局以降を戦えたと思います。チームの雰囲気は凄く良かったです。精神的に助けられました。」

 先週から体調を崩して5日間入院し、退院したのは対局の2日前だという。番組の解説を休み、本対局への影響を心配されたが、初戦からその心配は無用だったと思わせるほどの爆発力だった。

 次回への意気込みについては「まずは次回の選手に選ばれるところからです。反省点も多かったので。」と最後まで謙虚な姿勢を崩さなかった。

aDSC_0071
大将の勝又健志(連盟)

 

aDSC_0040
この大会で名を挙げた個人首位の平賀聡彦(最高位戦)

 

aDSC_0050
初戦でまさかの箱下を喰らい渋い表情の近藤誠一(最高位戦)

 

aDSC_0069
最終5回戦は選手に見守られながらの対局

 

aDSC_0079
藤田晋サイバーエージェント社長から団体運営協力金700万円が贈られた

 

麻雀プロ団体日本一決定戦 総合成績 128/128
順位団体TOTAL第1節第2節第3節第4節
1 連盟 297.1 290.2 ▲9.3 ▲84.3 100.5
2 最高位戦 118.2 136.5 5.7 151.9 ▲175.9
3 協会 ▲25.9 ▲112.8 183.1 133.7 ▲229.9
4 RMU ▲289.4 ▲313.9 ▲179.5 ▲201.3 305.3
麻雀プロ団体日本一決定戦 個人成績
順位選手団体TOTAL
1 平賀聡彦 最高位戦 382.3
2 内川幸太郎 連盟 217.9
3 鈴木達也 協会 158.2
4 勝又健志 連盟 157.8
5 石井一馬 最高位戦 148.3
6 佐々木寿人 連盟 119.1
7 水巻渉 最高位戦 109.6
8 白鳥翔 連盟 62.3
9 鍛冶田良一 協会 46.4
10 佐藤聖誠 最高位戦 45.2
11 谷井茂文 RMU 42.8
12 石橋伸洋 最高位戦 12.7
13 鈴木たろう 協会 12.0
14 瀬戸熊直樹 連盟 6.8
15 吉田基成 協会 ▲4.5
16 江澤陽一 RMU ▲14.1
17 小倉孝 協会 ▲15.0
18 猿川真寿 連盟 ▲24.6
19 金太賢 協会 ▲25.2
20 近藤誠一 最高位戦 ▲36.9
21 松ヶ瀬隆弥 RMU ▲40.9
22 阿部孝則 RMU ▲58.0
23 河野高志 RMU ▲65.3
24 多井隆晴 RMU ▲66.1
25 伊達直樹 協会 ▲70.1
26 岡澤和洋 RMU ▲100.3
27 岸部智彦 RMU ▲108.8
28 前田直哉 連盟 ▲115.2
29 木原浩一 協会 ▲125.8
30 藤崎智 連盟 ▲165.1
31 村上淳 最高位戦 ▲205.3
32 金子正輝 最高位戦 ▲280.2

参加選手 

日本プロ麻雀連盟

勝又健志
藤崎智
瀬戸熊直樹
内川幸太郎
猿川真寿
佐々木寿人
白鳥翔
前田直哉

最高位戦日本プロ麻雀協会

近藤誠一
石井一馬
金子正輝
平賀聡彦
村上淳
石橋伸洋
水巻渉
佐藤聖誠

日本プロ麻雀協会

木原浩一
鈴木たろう
伊達直樹
金太賢
鍛冶田良一
鈴木達也
小倉孝
吉田基成

RMU

阿部孝則
多井隆晴
河野高志
谷井茂文
岡澤和洋
松ヶ瀬隆弥
江澤陽一
岸辺智彦

日程

第1日 8月11日(木)15:30~23:00(予定)
第2日 8月25日(木)16:00~23:00(予定)
第3日 9月13日(火)16:00~23:00(予定)
第4日 9月25日(日)14:30~24:00(予定)

大会概要

大会名称:麻雀プロ団体日本一決定戦
主催:株式会社サイバーエージェント
参加プロ団体(50音順): RMU・最高位戦日本プロ麻雀協会・日本プロ麻雀協会・日本プロ麻雀連盟
実況:小山剛志
解説:馬場裕一・梶本琢程
ゲスト解説:忍田幸夫(麻将連合μ)・三原孝博(麻将連合μ)・小林剛(麻将連合μ)
協力:株式会社竹書房・株式会社RTD・厨子王株式会社・大洋技研株式会社

放送

「AbemaTV」
https://abema.tv/
「GooglePlay」
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema
「App Store」
https://itunes.apple.com/us/app/abematv/id1074866833?l=ja&ls=1&mt=8

放送チャンネル:麻雀チャンネル
最終日
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/8aFPirbLqEmsoV

 

PV

 

公式サイト

https://ketteisen.amebaownd.com/

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top