麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【3/29  Mリーグ2021-22 SF5日目 第2試合結果】熾烈なシーソーゲームを劇的な跳満で逆転!石橋伸洋がトップでPiratesは4位に浮上!

【3/29 Mリーグ2021-22 SF5日目 第2試合結果】熾烈なシーソーゲームを劇的な跳満で逆転!石橋伸洋がトップでPiratesは4位に浮上!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ朝日新聞Mリーグ2021-22セミファイナルシリーズ、6日目が3月29日(火)に開催された。

3月29日の対戦カード ©ABEMA
解説:瀬戸熊直樹 実況:小林未沙 ©ABEMA
3月29日 第1試合終了時点の成績 ©ABEMA

【Mリーグ】『M.LEAGUE(Mリーグ)』のポップアップストアイベントが4月9日~4月25日にかけて秋葉原で開催決定!

第1試合結果

第1試合結果記事はコチラ

7局流局の重たい展開を制した滝沢の勝利 ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:岡田紗佳

南:石橋伸洋

西:伊達朱里紗

北:勝又健志

第2試合

東1局は石橋と勝又のリーチ対決。

東1局 勝又の手牌 ©ABEMA
東1局 勝又の手牌 ©ABEMA

2軒リーチに挟まれ、親の岡田が選んだのは生牌[西]の対子落とし。この[西]が勝又の当たり牌。

東1局 岡田の手牌 ©ABEMA

勝又が8000のアガリでリードを得る。

東1局 勝又 リーチ・ドラ1・赤2 8000 ©ABEMA

東2局、石橋ドラの[白]とダブ東の[東]が対子。ネックのカン[②]をチーしていくも、[白][東]が山に深く、なかなかテンパイしない。

東2局 石橋の手牌 ©ABEMA

その間、勝又がタンヤオトイトイのテンパイ。

東2局 勝又の手牌 ©ABEMA

ピンフのテンパイをヤミテンにしていた伊達が放銃し、勝又が連続でアガってリード。

東2局 伊達の手牌
東2局 勝又 タンヤオ・トイトイ・5200 ©ABEMA

東3局は伊達がフリテン五面張のリーチも流局。

東3局 伊達の手牌 ©ABEMA

次局は岡田が2600のアガリで局を進める。

東3局1本場 岡田 東・赤1 2600 ©ABEMA

東4局、先制テンパイは一気通貫が完成した岡田。ヤミテンにとるが、石橋、伊達がリーチ。

東4局 石橋の手牌 ©ABEMA
東4局 伊達の手牌 ©ABEMA

これを受けて岡田が両者に通っている[①]を切って[④]と入れ替え、リーチに踏み切った。

東4局 岡田の手牌 ©ABEMA

すると石橋が岡田の当たり牌[四]を一発で掴む。なんと入れ替えた[④]が裏ドラで岡田の12000のアガリとなった。

東4局 岡田 リーチ・一発・ピンフ・ドラ2・赤1 12000 ©ABEMA

南1局、ここまでアガリが遠かった石橋が1300・2600のアガリ。

南1局 石橋 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1 1300・2600 ©ABEMA

親番を迎えた石橋、リーチして1人テンパイで流局を挟んだ南2局1本場。勝又に配牌でドラの[発]が暗刻。

南2局1本場 勝又の手牌 ©ABEMA

ネックのペン[3]、カン[6]をチーして12000の[三][六]待ち。

南2局1本場 勝又の手牌 ©ABEMA

すると親の石橋がリーチ。一発目に石橋の当たり牌を掴んだ勝又だが、まっすぐに打ちぬく。石橋の5800のアガリとなった。

南2局1本場 石橋 リーチ・一発・ピンフ 5800 ©ABEMA

次局は伊達がダブ南の[南]をポン。対子の[4]を落して萬子のホンイツへ。

南2局2本場 伊達の手牌 ©ABEMA

石橋がピンフ一盃口ドラドラのテンパイをヤミテンにするが、伊達がツモアガって2000・4000。だんだんと4人の点差が近づいていく。

南2局2本場 石橋の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 伊達 ダブ南・ホンイツ・赤1 2000・4000 ©ABEMA

 

南3局、親の伊達がカン[②]待ちのリーチ。岡田もタンヤオ赤赤の手牌で[②]が打ちだされるかと思われたが、[②]は切らずに結果カン[③]待ちのテンパイ。

南3局 伊達の手牌 ©ABEMA
南3局 岡田の手牌 ©ABEMA

どちらの当たり牌も残り山に1枚ずつだが、アガリは出ずに流局。

連荘した伊達が四暗刻の一向聴。

南3局1本場 伊達の手牌 ©ABEMA

[南]をポンしてテンパイしたところに石橋がリーチ。

南3局1本場 石橋の手牌 ©ABEMA

一発目に石橋の当たり牌[5]を掴んだ伊達。逡巡するが自身は3着目。決めればトップがかなり近づく自身の手牌を優先し、[5]を河に置いた。

南3局1本場 伊達の手牌 ©ABEMA

石橋のアガリとなり、なんと雀頭の[九]が裏ドラで12000のアガリ。トップ目でオーラスを迎えることとなった。

南3局1本場 石橋 リーチ・一発・ピンフ・ドラ3 12000 ©ABEMA

 

南3局1本場のこの石橋のアガリだが、点棒授受の間違いが発生しており、石橋が1000点少なく、伊達が1000点多い表示となっていた。これに全員が気付かず、オーラスに入る。

後に訂正が入るが、その誤った点数表示のままで途中まで全員手牌を進行させており、岡田もツモか石橋からの直撃1000点でトップになるタンヤオへ向かって仕掛けていた。

南4局 岡田 タンヤオ 1000 ©ABEMA

点数が訂正された後、岡田は着順アップには足りなかったが、3着目の勝又との点差も迫っており、1000点でアガって2着をキープ。石橋がトップで終了した。

この石橋のトップでPiratesはトータル5位から4位に浮上した。

第2試合トップの石橋 ©ABEMA

第2試合結果
Pirates(小林3着・石橋1着)+32.4
麻雀格闘倶楽部(滝沢1着・伊達4着)+7.0
風林火山(亜樹2着・勝又3着)▲6.7
サクラナイツ(堀4着・岡田2着)▲32.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

3月29日トータル結果

Pirates(小林3着・石橋1着)+32.4
麻雀格闘倶楽部(滝沢1着・伊達4着)+7.0
風林火山(亜樹2着・勝又3着)▲6.7
サクラナイツ(堀4着・岡田2着)▲32.7

Piratesが加点に成功して上位チームとのポイント差を縮めて4位に浮上。全体のポイント差がやや縮まる結果となった。風林火山はトップが取れず、試合数が徐々に少なっていく中で次の出番こそはトップが欲しい状況が近づいてきた。

3月29日終了時点のチームランキング ©ABEMA
セミファイナルシリーズ7日目 3月31日の対局チーム ©ABEMA
3月30日終了時点のSF個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top