麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
米崎奈棋と小笠原奈央が準決勝進出/カボクイーンカップ 2018 予選第1ブロック 結果

米崎奈棋と小笠原奈央が準決勝進出/カボクイーンカップ 2018 予選第1ブロック 結果

BULL2021求人朝宮あろま

 人気女流プロ32名が対局する、麻雀店グループ「カボ」とMONDO TVによる華々しいタイトル戦「第14回カボクイーンカップ」の予選第1ブロックが4/26に開催され、A卓からは米崎奈棋、B卓からは小笠原奈央が予選を勝ち抜き準決勝進出を決めた。

予選は各卓二回戦行われ、25000点持ち、30000点返し、順位ウマが10-30。二回戦終わった時点で首位のプロが準決勝進出となる。

DbrQl3GV0AAAYGH

A卓の出場者は上記写真左から中川由佳梨(日本プロ麻雀連盟)、柚花ゆうり(日本プロ麻雀協会)、高宮まり(日本プロ麻雀連盟)、米崎奈棋(日本プロ麻雀協会)。

1回戦は中川と米崎の熾烈なトップ争い。オーラスを迎えた時点で中川が37900点持ち、米崎が37700点持ちという熾烈な状況。ラス親の米崎が両面待ちの69pをツモあがり、あがりやめとして1回戦を制した。2着は中川、3着は柚花、高宮は4300点持ちのラスと厳しいスタートとなった。

2回戦は東1局に米崎が中川からの12000の直撃。ほぼ米崎の通過が決まったかと思われたがその後の1本場で中川がすぐさまメンホンを立直してツモあがり3100・6100のあがりを決め追いすがる。

東4局に1回戦4着となった高宮が大きく加点しトップ目に立つも、南1局1本場に中川がタンヤオのみのカンをダマテンとし、見逃しをかけた後に待ちのタンピンに振り替わり立直。高宮から12000の出あがりとなり、大きな一局となった。その後、再び高宮がトップに立つも、トータルポイントで中川と米崎が並び、あがった方が準決勝進出という状況に。最終局となった南4局4本場は、中川がカンの聴牌を先に入れ、米崎がが余りそうなイーシャンテンとなり、中川優勢かと思われたが、米崎のシャンポン受けが埋まり、が余らない形で立直。中川が米崎の当たり牌を掴み、米崎のあがりで決着となった。

南3局までは全員に現実的な条件がある熾烈な争いを米崎が制し、準決勝進出を決めた。 

カボクイーンカップ 2018 予選第1ブロック A卓
順位選手名ポイント
1 米崎奈棋 36.3
2 中川由佳梨 23.5
3 高宮まり 16.0
4 柚花ゆうり ▲75.8

DbtfVgkV4AAbUyA

B卓の出場者は上記写真左から小笠原奈央(日本プロ麻雀連盟)、黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)、綾瀬まり(日本プロ麻雀協会)、魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)

これまで多くの実績を残している黒沢、魚谷に小笠原と綾瀬が挑む戦いとなったが、1回戦目の南2局の親番で小笠原が爆発、ダブル立直での6000オールツモなど、一気に加点し最高で10万2百点持ちのトップ目となった。しかし、その時1万6千6百点持ちと83600点差をつけられていた魚谷が南3局の親番で爆発。あがりを重ね、なんと10本場まで積み上げ一時小笠原を逆転。10本場では小笠原が魚谷から1000は4000を直撃し、再度トップ目となるも、オーラスに魚谷が再び逆転し、71600点持ちのトップ、小笠原は71000点持ちの2着となった。綾瀬は3着、4着は黒沢となった。黒沢は大きなラスとなったが、の暗槓(当大会規定により3000点オールの収入)後にツモり四暗刻の立直を打つなど見せ場を作った。

2回戦も魚谷と小笠原のマッチレースに。魚谷、小笠原両者の親番が終わった後の南3局の時点で魚谷とトップ目の小笠原の差が16400点差となっていたが、魚谷が小笠原からリーチ、三色、ドラ、裏の8000点の直撃。本場と供託込みで逆転してオーラスを迎える。

オーラスの魚谷と小笠原の差は1200点。ほぼあがった方が優勝という状況となったが、小笠原が二枚切れの待ちのタンヤオ、二盃口をツモあがり、熾烈な戦いに決着をつけ、準決勝進出を決めた。

カボクイーンカップ 2018 予選第1ブロック B卓
順位選手名ポイント
1 小笠原奈央 119.2
2 魚谷侑未 111.0
3 綾瀬まり ▲52.1
4 黒沢咲 ▲178.1

予選第2ブロックは6月14日(木)の12時から開催される。

DbtWdXyVMAAJeNe

対局者は

A卓
大島麻美(日本プロ麻雀協会)
手塚紗掬(日本プロ麻雀連盟)
早川林香(日本プロ麻雀連盟)
宮内こずえ(日本プロ麻雀連盟)

B卓
浅見真紀(最高位戦日本プロ麻雀協会)
西城凛(日本プロ麻雀連盟)
冨本智美(日本プロ麻雀協会)
水瀬夏海(日本プロ麻雀協会)

とこちらも注目のメンバーが揃っている。

関連記事

第14回カボクイーンカップ予選第1ブロック dTVチャンネル™の「MONDO麻雀TV」にて4/26(木)10時間無料生配信!

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top