麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第70回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第70回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節三回戦B卓

▼対局者
Ⓢ福地誠
ASAPIN
小林剛
石橋伸洋

牌譜はこちら

 次節(11月30日)まで期間が空くので、これまでの対局の中で気になった局面を取り上げていくことにします。

 ツモもあるので良形に変化しやすいのは打ですが、打ならツモで高め三色。ラス前ラス目ということもあり打としそうです。

 ドラを使える受けが多いのは打ですが、ツモの変化はが残っていた方が有利。良形変化が多い分打よりは打というところでしょうか。

 のシャンポンテンパイになりましたがテンパイ取らず。シャンポンの場合はテンパイを外すとテンパイを取った場合と比べて雀頭周りの変化が無くなるデメリットがありますが、ドラ含みのマンズ4連形変化は残したいところ。自分でを切っているのでフリテンにならないリャンメン変化は打の方が多いのですが、南家北家は周りを持ってなさそうなので打

 ツモでフリテンになりましたがマンズ周りしか手変わりがないとなればリーチ。すぐにをツモって1300−2600。依然ラス目ですが3着とは僅差になりました。
 ただし、1つ前のツモでテンパイを外すなら、2つ前の図で打としたところで打とシャンテンを戻す手もありました。それならツモで。フリテンにならずドラ受けが残るか、の3メンチャンを選ぶことができました。

 満貫ツモでトップですがアガリまでかなり遠く、下位者に捲られることが多い点数状況。南家は2000点アガリで3着、満貫でも横移動なら3着止まり。鳴き手かどうかは分かりませんが、自分のアガリがかなり厳しい以上この時点でアシストを狙います。

 しかし南家が捲り手の可能性が十分あるホンイツ狙いになったところで役牌は絞り。アガられたら逆転される可能性のある西家のリーチが入ったところで、同じ現物でも北家ダマに当たる可能性のある切り。これが実際に北家のアガリ牌で無事2着を維持することができました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top