麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第99回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第99回

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節三回戦C卓

▼対局者
タケオしゃん
就活生@川村軍団
小林剛
Ⓢ福地誠

牌譜はこちら

 配牌で役牌ドラがトイツ。何としてもアガリたいところです。

 いきなりドラがアンコになり最速テンパイ。ダマでも満貫とはいえ序盤なら跳満ツモもみてリーチかと思いきや何とテンパイ外し。特にアガリにくいわけでもない満貫テンパイを取らないケースはそうそうないので違和感を覚えます。

 しかし序盤なら他家からが出てアガリ逃しになることも少なく、何らかの中張牌をツモれば更に手変わりが増えます。そう考えるとテンパイを外してもアガリ率はさほど落ちず、リーチで他家の手を止めてしまうよりはアガリやすいまである。それならへのくっつきからの跳満ツモを狙うに越したことはないとも言えます。満貫テンパイで十分ではなく、あくまでよりよい選択肢がないかで判断すべきということは常々申しておりますが、それでもなかなか選べなさそうな一打です。

 上家からが出た場合はチーしてリャンメンテンパイに取れるのもメリット。今度はリャンメン満貫テンパイ、スルーしても跳満に届かない以上テンパイに取る一手でしょう。


 
  
 すぐにをツモって3900オール。もちろん警戒されるという理由で満貫リャンメンテンパイを取らない方がよいということはないとみますが、仕掛けを受けた立場からすれば、ソーズの染め手ではなく、を早々に切ってタンヤオは考えづらい。序盤でメンゼンテンパイできる可能性とドラの絞られやすさも踏まえれば、ドラがトイツでもむしろスルーが自然…となると、他家からみてドラアンコのケースは珍しくないと読むところでしょう。そうすると北家はも止めた方がよかったように思いますが、序盤で1鳴き満貫聴牌が入ること自体は稀なので、「まさかそこまでにはなってないだろう」と考えがち。個人的にも実戦で止められる自信はありません。

 警戒していたとしても、東家が待ちならペンのテンパイに取らなかったことになるから、は止めても待ちは無いと考えてしまいそうです。しかしながら手牌を開けてみれば、東家の手順は至って合理的。手牌を限定しやすい強い情報がある場合は、「◯◯するはずだから××ではない」より先に、「もし××だとしたらどんなケースが有り得るだろう」と考える癖をつけておきたいものです。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top