麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

ネマタの戦術本レビュー第305回「手作りと押し引きの鉄戦術 著:福地誠 その12」

ネマタの戦術本レビュー第305回「手作りと押し引きの鉄戦術  著:福地誠 その12」
ネマタの戦術本レビュー
2017年05月17日 20:00

Q47 打

 今回は他色のドラ入りリャンメンがあるので、ピンズ引きでもならマンズを残して字牌を切っていくところですし、字牌が重なってチートイツ1シャンテンになった場合も、落としならテンパイ時に必ずホンイツが付きますが、チートイツドラドラでも打点十分なのでマンズを残していてもそれほど劣りません。チートイツ1シャンテンになるようならが残っていた方がよいので今回は切りがよさそうです。

 染め色の牌や字牌を引いてメンツや面子候補が出来た場合も、染め手に決め打たない方がよい場合があるなら決めずに手を進めます。もしマンズのリャンメンがドラ含みでないなら、今度はから切っても引きはを落としていく方がよいとみて、平場であってもから切ります。

Q48 打

 チートイツ2シャンテンでもありますが、がダブドラとなるとアガった時の打点でもタンヤオがそれほど劣りません。それならダブドラを面子候補と見立ててにくっついた時にアガリやすいように打とします。ただのならトイツ手を残す打とします。

Q49 ポン打

 トイトイの方が高くなりやすいのでもちろん鳴くとして、役牌を3つ鳴けばトイトイにしなくても5200になることから、リャンメンを残す打も候補になります。今回は巡目が早く、ツモならホンイツまでついて跳満以上になる変化もあるのでリャンメン落としでしょうか。

Q50 ポン打

 鳴いた方がアガリやすいのは確かですが、トイトイにはもう1手変化が必要なので、トイトイでアガれることがチートイツに比べてそれほど高いと言えるのかは微妙なところ。打点についても、トイトイは必ず白がついて最低5200以上だとしても、チートイツはリーチとツモがつくだけでも6400なので、打点面で有利と言えるかも微妙なところとみます。

 今回はが出た場合に、をポンしていてのみ手でも1シャンテンになっている方が、スルーしてチートイツ2シャンテンのまま待っているよりはよいとみて鳴きますがスルーも有力とみます。

 対戦相手の「強さ」で鳴くかどうかは一概には決められないですね。強い相手ほど鳴き手がアガリにくい傾向があるのは確かですが、相手があまり強くなければ、手牌を短くして放銃のリスクを負ってまでアガリを目指す必要性も薄くなります。抽選に関しては誰しも平等なのですから、テンパイからのめくり合い勝負に関してはむしろ相手が実力者であるほど積極的に挑みたいのではないでしょうか。

本記事に関するご紹介

強者の思考が「すっ」と学べる問題集。勝負に直結する最頻出87問!
 
福地 誠 (著)
定価:本体1,404円
AMAZON販売ページ

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)