麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの戦術本レビュー第796回「相手に対応させる技術 著:平澤元気 その6」

ネマタの戦術本レビュー第796回「相手に対応させる技術 著:平澤元気 その6」

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!

第1章 セオリー5

 第一打がならを持っていないことが多い。は持たれていることが多い。どちらもよく聞くセオリーですが、前者と比べて後者は、その傾向が多少は強くなるという程度であまりあてにはなりません。特定の牌を「持っていない」と、「持っている」では、後者の方が起こる可能性が低く、可能性が低いものほど、読みがあてにならなくなることが増えます。

 しかし、これがの順で切られたというように、情報が1つから2つになれば読みの精度が高まります。ならが無くても中が残されることが多いですが、これがのように客風を後まで残したとなればを持っている可能性はなおのこと高くなると言えます。河の情報もより起こる可能性が低いほど、手牌読みの精度を高める重要な情報になると言えます。これも端牌より安牌として客風を抱えがちな打ち手が相手ならこの限りではありませんが、その場合はの順に切られる頻度自体も高くなるので、情報の重要度が下がっていることになります。

 今回は序盤の切り順の話でしたが、これに限らず、珍しい情報ほど手牌読みの精度が高まる重要な情報になりますし、打牌傾向が特徴的な打ち手ほど、打ち筋に反する河情報が現れた時に読みやすいということが言えます。なるべくメンゼンで進めようとする打ち手が、特に薄くもないリャンメンを仕掛けたら高打点の可能性がなおのこと高くなるというのがその一例です。

 かといって、手牌構成を読まれにくいように積極的に打ち筋を変えるべきということはありません。54ページから取り上げられているように、端牌と字牌の比較なら多少手牌、局面が変わるだけで切り順が変わり、それに応じて選択を変えれば、手牌の価値を落とさない範囲で読まれにくい河を作る事が可能です。手牌の価値や局面の変化に敏感になれば、自然と相手に対応を迫らせることもできるようになります。

現代麻雀の秘技 相手に対応させる技術

基礎的な麻雀戦術理論がネット上で共有されたことで、麻雀ファン全体のレベルが上がったと言われています。その中で差をつけるための技術として、今注目を集めているのが「相手に対応させる技術」です。相手の「対応する技術」を逆手に取って、その裏をかくハイレベルなテクニックとなります。

本書ではそのような戦術を論理的な解説に定評のある平澤元気プロが説明します。
(1)読みの基礎 
(2)それを応用する技術
(3)ただしこれはやりすぎ

本書で基本的な読みのテクニックとその裏をかく技術をマスターしてください。

著:平澤 元気
単行本:1,663円
 

購入はこちら

 

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top