麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第102回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第102回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節四回戦C卓

▼対局者
タケオしゃん
Ⓟ小林剛
Ⓢ福地誠
就活生@川村軍団

牌譜はこちら

 カンテンパイからをポンして打。ペンチャンを払ってを残しているとなると、他家から見てもはメンツ候補の一部であることが濃厚で待ちは本命。手変わりも少ないのでスルーした方がアガリやすそうです。

 しかし3着目とも結構離れたラス目なので、ここからドラを2枚ツモって満貫にすることも視野に入れたいのでポンもやむなしというところでしょうか。

 このポンを受けてメンツ候補が足りていないところからのドラ切り! これには驚かされましたが、最大の理由は「北家のポンがテンパイからの待ち替えだった場合、今ならが通るが、手出しが入るとドラ単騎に待ち替えした可能性が出てくるので切れなくなる」ということでしょう。+対子で対子がのようなケースは残り2枚なのでかなり低確率ですし、をポンする時に鳴くかどうか迷った様子があればなおのことは通ると言えます。

 がポンされているのでにくっついてもアガリにくく、既にドラ3あるのでドラを切っても打点が下がりにくいことも踏まえると確かに有力な一打に見えますが、この段階での先切りはなかなか発想できない選択ではないでしょうか。

 南家からリーチが入ったところで現物南を切って1シャンテン。もしドラを残していれば浮いたドラを切りきれずに降りに回されたかもしれません。メンツ候補が足りていない段階で、どこで4メンツ1雀頭を作るかを決め打つのは相応のデメリットがありますが、展開によってはメリットに転じる場合もあります。どのタイミングでドラを切るのがベストかは結論を出すのが難しいところですが、そのような選択もあるということは意識しておきたいものです。

 一発でツモって跳満。リードを大きく広げる会心のアガリになりました。

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top