麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
Mリーグ2020はEX風林火山が初優勝で閉幕!閉会式では各選手、藤田晋チェアマンの来期に向けた言葉も

Mリーグ2020はEX風林火山が初優勝で閉幕!閉会式では各選手、藤田晋チェアマンの来期に向けた言葉も

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「Mリーグ 2020 朝日新聞ファイナルシリーズ」は2021年5月18日(火)に最終日を迎えた。ファイナルを戦ってきた赤坂ドリブンズ、KADOKAWAサクラナイツ、 EX風林火山、渋谷ABEMASの4チーム。結果はEX風林火山がトータル242.3ポイントで優勝。EX風林火山は賞金5000万円と優勝シャーレを獲得。2位のKADOKAWAサクラナイツには2000万円、3位の渋谷ABEMASには1000万円が授与された。

最終日放送ページ

最終試合終了後のチームランキング ©ABEMA

表彰式では、藤田晋Mリーグチェアマンより優勝プレートと賞金5000万円が贈呈された。

また個人スコア賞、最高打点賞の二冠を佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘俱楽部)が達成、4着回避率賞として小林剛(U-NEXT Pirates)にメダルが贈呈された。

4着回避率タイトルを受賞した小林剛 ©ABEMA
MVP(個人スコア1位)、半荘最高スコア賞を受賞した佐々木寿人 ©ABEMA
8位 セガサミーフェニックス(魚谷は対局の為欠席) ©ABEMA
7位 U-NEXT Pirates ©ABEMA
6位 チーム雷電 ©ABEMA
5位 KONAMI麻雀格闘俱楽部 ©ABEMA
4位 赤坂ドリブンズ ©ABEMA
3位 渋谷ABEMAS ©ABEMA
2位 KADOKAWAサクラナイツ ©ABEMA
優勝 EX風林火山 ©ABEMA
優勝賞金 5000万も贈呈された ©ABEMA

藤田晋Mリーグチェアマンは、「たくさんの方々の支えがあって3シーズン目を無事に閉幕することができました。コロナ過での開催という中で、完遂することができるかの不安もありました。しかし選手達の熱いプレーで多くの感動を視聴者の皆様に届けられたと思います。今日からオフシーズンとなりますが、選手の皆様にはリフレッシュして来期の準備をして頂いて、10月からはまた元気のない日本を麻雀の力元気づける、そんなMリーグでありたいと思っております。改めてEX風林火山の皆様優勝おめでとうございます。風林火山は独自の入れ替え規定もあり、ファイナルはギリギリの進出からの大逆転でもあったので、今シーズンの主役だったと思います。来シーズンは今年悔しい結果に終わったチームの皆様の思いもあり、更に見所満点のMリーグが届けられると思いますので4か月後に皆様、お会いしましょう!」と締めくくった。

閉幕宣言を行う藤田晋チェアマン ©ABEMA

朝日新聞Mリーグ2020 ファイナルシリーズ

朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ

大和証券Mリーグ2020 レギュラーシーズン

朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ

大和証券Mリーグ2020 レギュラーシーズン

レギュラーシーズン 個人賞

・個人スコア
1位:佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘倶楽部)494.1pt
2位:内川幸太郎(KADOKAWAサクラナイツ)468.7pt
3位:小林剛(U-NEXT Pirates)337.5pt

・最高スコア
1位:佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘倶楽部)94,400点
2位:堀慎吾(KADOKAWAサクラナイツ)92,900点
3位:黒沢咲(TEAM雷電)81,300点

・4着回避率
1位:小林剛(U-NEXT Pirates)0.9677
2位:松本吉弘(渋谷ABEMAS)0.8519
3位:村上淳(赤坂ドリブンズ)0.8462
3位:魚谷侑未(セガサミーフェニックス)0.8462

関連ページ

【5/18 Mリーグ2020 1戦目結果】風林火山・勝又が序盤に大きく加点してトップ!ファイナル5勝目でチームの優勝に大きく近づく!

【5/18 Mリーグ2020 2戦目結果】ドリブンズ・村上が意地のトップ!風林火山・勝又は2着を確保で風林火山が2020シーズンの優勝を手にする!!

Mリーグ2020 EX風林火山が初優勝!

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top