麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

編集部が選んだ注目番組ランキング(2017/05/08~2017/05/14)

編集部が選んだ注目番組ランキング(2017/05/08~2017/05/14)
人気番組ランキング

編集部が選んだ注目番組ランキング!

ニコ生、AbemaTVのあらゆる麻雀番組の中から注目の番組をピックアップします!
集計期間(2017年5月08日~2017年5月14日)

 

5位 第4回姫ロン杯 麻雀リオ ダイヤモンドカップ

 diyamond_4_tournament

5/11に姫ロンチャンネル で放送された第4回姫ロン杯 麻雀リオ ダイヤモンドカップが第5位です。速報記事はこちら

第4回姫ロン杯は、今活躍中の女流プロ総勢52名が出場する華々しい大会であり、今回の麻雀リオダイヤモンドカップはその第1戦となります。

予選3組、13名の女流雀士で戦われる。 各予選の1位と、ディフェンディングチャンピオン足木優を含めた4名で決勝を行い、チャンピオンを決める戦いとなります。 決勝の上位2名は、姫ロン杯チャンピオンシップへの出場権を得ることになります。

出場者は下記メンバーとなりました。

予選1組 中山奈々美・水口美香・古谷知美・渡辺洋香
予選2組 長内真実・小島優・河野みのり・山本秋桜里
予選3組 宮内こずえ・小笠原奈央・大崎初音・都美
決勝シード:ディフェンディングチャンピオン 足木優

予選1組は中山奈々美プロ、予選2組は長内真美プロ、予選3組は都美プロの勝ち上がりとなりました!
決勝戦は半荘2回の素点を競う戦いとなります。その1回戦のオーラスに倍満ツモで中山プロがトップ!2着に足木プロ、3着に都美プロ、4着に長内プロという並びになりました。
しかし、2回戦は東場から都美プロのペースに。要所要所であがりを重ねて中山プロを逆転。初優勝を飾りました!

優勝の都美プロ、2位の中山奈々美プロが姫ロン杯チャンピオンシップへの出場権を手にしました!

 

 

4位 RTDリーグ 2017 BLACK DIVISION 27・28回戦/29・30回戦

 RTDWHITE_i-min

5/8 11にAbemaTV麻雀chで放送されたRTDリーグ 2017 BLACK DIVISION 27・28回戦/29・30回戦が第4位です。

依然として熱い戦いが続きますRTDリーグ。対局の間のインタビューで出場選手の強い思いが感じられるのも魅力です。 

be445d3a2e8cf1126c19f9c056b54b79

c6a79896e793063d9e30d265a54de8a4

BLACKの佐々木プロはなんと6連勝!一気に準決勝行きをほぼ確定的に!

今週放送分の鈴木総一郎プロのレポートはこちら!

「ても」「でも」ブレないトッププレイヤーたち! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第5節 27、28回戦レポート – 麻雀ウォッチ

達也、泥臭く粘りを重ねた初トップ! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第5節 29、30回戦レポート – 麻雀ウォッチ

3位 第42期最高位戦Aリーグ 第4節

 1492572614185-bep

5/13に麻雀スリアロchで放送された第42期最高位戦Aリーグ 第4節が第3位です。

日本で最も歴史あるプロ団体・最高位戦日本プロ麻雀協会の最高峰リーグ、最高位戦Aリーグ

全12節・48半荘の戦いも中盤戦にさしかかって参りました。

今回の配信卓の対局者は嶋村俊幸、村上淳、新井啓文、醍醐大の四名。

元最高位の村上プロと新井プロ。大ベテランの嶋村プロ、そして3節終了時点で首位を走っている醍醐プロという見応えあふれるメンバーでの対局でした。

SnapCrab_NoName_2017-5-16_13-8-8_No-00

第4節開始時点のポイントはこちら。

一回戦の南3局に新井プロの注目の一打がありました。詳細は下記記事を参照下さい。

対子手?面子手?待ち判断?多くの選択があった一局をモノにした新井啓文プロの一打!- 麻雀ウォッチ

 SnapCrab_NoName_2017-5-16_18-54-49_No-00

1回戦は新井プロの会心のトップとなりましたが1日を通しては嶋村プロがすべて2着安定した成績。村上プロは3、4回戦でトップをとり節単位でプラスとしました!

別卓込みの成績はこちらの最高位戦ホームページをご参照下さい! 

 

2位 RTD Girl’s Fight 二回戦

nFiQZzoH

5/14にAbemaTVで放送されたRTD Girl’s Fight 第二回戦が第2位です。

RTD Girl’s Fightは、「RTD新春女流戦」の好評を受け、今後の活躍が期待される女流プロと女性タレントを集め、トーナメント形式で行う大会。 予選を12名3組に分け、半荘4回戦のトータルポイントを競います。各組で1位の者3名と、「2位で一番ポイントが高かった者1名」が決勝進出となります。

「RTDリーグ」同様の真剣勝負の舞台であり、団体・ジャンルを問わず、今最も強い女流雀士が決まります!

 今回の二回戦のメンバーは塚田美紀プロ、古谷知美プロ、山脇千文美プロ、宮城舞さんの四名。

実況解説は日向藍子プロと白鳥翔プロ。

SnapCrab_NoName_2017-5-16_14-3-10_No-00-min

【(C)AbemaTV】

プロ三人が接戦となった1回戦でオーラスの一人聴牌で逆転トップを取った山脇プロが2回戦も2着となり優位な状況に。

そして三回戦のオーラスにトップを確定させる機転の効いた打牌がありました。詳細は下記記事を参照下さい。

確実にあがりをモノにするには?オーラスの大事な一局をモノにした山脇千文美プロの一打!- 麻雀ウォッチ

 SnapCrab_NoName_2017-5-16_14-18-43_No-00

【(C)AbemaTV】

終始あがりに貪欲な姿勢を見せた山脇千文美プロの優勝となりました。おめでとうございます!

1位 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ第1節

 aaシンデレラリーグ

5/10に麻雀スリアロchで配信された麻雀ウォッチ シンデレラリーグ第1節が第1位です。

麻雀スリアロチャンネル初の本格女流リーグ戦「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ」が開幕しました!総勢20名の華々しいメンバーが揃ったリーグ戦になります!

出場者は下記のメンバーです。

麻生ゆり(日本プロ麻雀協会)
木村明佳吏(最高位戦日本プロ麻雀協会)
白田みお(RMU)
高橋樹里(最高位戦日本プロ麻雀協会)
鶴海ひかる(RMU)
都美(日本プロ麻雀協会)
中月裕子(日本プロ麻雀協会)
中山百合子(日本プロ麻雀協会)
夏目智依(RMU)
樋口清香(最高位戦日本プロ麻雀協会)
樋口栄佳(最高位戦日本プロ麻雀協会)
日向藍子(最高位戦日本プロ麻雀協会)
水口美香(日本プロ麻雀協会)
水谷葵(日本プロ麻雀協会)
瑞原明奈(最高位戦日本プロ麻雀協会)
水瀬千尋(日本プロ麻雀協会)
水瀬夏海(日本プロ麻雀協会)
山田佳帆(最高位戦日本プロ麻雀協会)
吉田葵(最高位戦日本プロ麻雀協会)
与那城葵(最高位戦日本プロ麻雀協会)

今回のシンデレラリーグに関しましては別記事で細かく記載されているためそちらをご参照下さい!

本格女流リーグ戦「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ」5月10日(水)開幕!- 麻雀ウォッチ
麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第1節レポート!-前編(1~3回戦)- 麻雀ウォッチ
麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第1節レポート!-後編(水瀬夏海インタビュー、4~5回戦)- 麻雀ウォッチ
麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第1節結果 – 麻雀ウォッチ

以上、先週の注目番組ランキングでした!

この記事を書いた人

麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。
■この投稿者の記事一覧

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 麻雀ウォッチ編集部 イマイ
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)