麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第96回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第96回

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節二回戦C卓

▼対局者
タケオしゃん
Ⓟ谷口浩平
Ⓟ木原浩一
石橋伸洋

牌譜はこちら

 ドラを切ればテンパイですが、序盤ならドラを使った手変わりを目指したいところ。雀頭を崩す打なら以外のテンパイでドラを使い切れます。
 しかし打ツモのドラ単騎テンパイよりは、打ツモの平和ドラ1テンパイの方がアガリやすさと打点を踏まえるとより優秀。そのうえツモの最高形も残ります。手変わりした際にドラやドラそばが危険牌になる可能性もあるので実戦的には微妙かもしれませんが、これくらいの形でも雀頭を崩すよりはターツを外した方が手変わりが優秀とみます。

 ツモのリャンメン変化よりは、ツモ時の待ちの強さをみて打。前巡打とした場合も、メンピンドラ1よりは、リーチドラ2のスジ単騎が強いとみてを切る手もありそうです。

 西家からリーチが入って再度ツモでテンパイ。を切ってペンチャンも外しているので、はドラとはいえ悪形待ちにも当たりにくい牌。大体通る牌を切ってペンドラ1なら追いかけリーチを打つに十分見合う手。が早くが通っているのでもまずまず通りそうではありますが、次巡以降無スジを引いた場合にペン残り1シャンテンでは押しづらい。一度テンパイを外しているので選びにくい打牌ではありますが、ここは追いかけリーチを打ちそうでした。

 リーチの現物、スジ待ちとはいえ、打点上昇効率のよいリャンメン待ちなら追いかけるところ。しかし今回は5枚見えで悪形待ちに近く、直前に切れた牌なので出アガリが比較的期待しやすいのもありダマを選択。

 しかし1巡後はツモ切りで追いかけリーチを選択。北家が現物よりスジを先に切っているので、はメンツやメンツ候補の一部の可能性が高い。からの打なら次巡が出ることが期待されるが、実際はトイツだったので手牌からの抜き打ちがないとみてリーチに切り替えたというところでしょうか。リャンメン待ちかつ、先制テンパイならほぼリーチを打つ手(ダマ出アガリ30符3翻以下)なら現物待ちでもリーチというのが一つのセオリーですが、「抜き打ち」が期待しやすいとなると判断が変わることもありそうです。

 結果は南家がをツモり裏1の満貫。トップとの差を大きく縮めるアガリになりました。

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。1984年佐賀県生まれ。東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top