麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第143回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第143回

BULL2021求人朝宮あろま
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第五節三回戦B

▼対局者
私:福地誠
Bさん:シンプルなワキガ
石橋伸洋
木原浩一

牌譜はこちら

 143-1-min

 南家はをポンして打のカンチャンよりもが後から切られていることからもマンズホンイツがありそうです。今回くらいの河では断定することまでは出来なさそうですが、テンパイまでにを両方勝負する必要があるとなれば、この手は勝負するに見合いません。

143-2-min

 とはいえ、安全な牌を切りつつアガリを目指す手順を残せるならそれに越したことはありません。ポン打が当たるのはは雀頭)のカンからの待ち替えくらいで、しかもアガリ牌が1枚しか増えない以上はスルーされそうなものですから、チートイツ目を残す打もありそうですがここは親が通したを合わせ打ち。

143-3-min

 ポン打が当たるならは雀頭)からポン。トイトイへの待ち替えとしたら有り得ます。こうなるとアガリ目があるとすればを雀頭にするケースくらいなので雀頭崩しの打

143-4-min

 を引き戻してドラ単騎のテンパイ。いかにもアガリにくそうとはいえ、他にも待ち候補が残っていて、ツモって満貫のテンパイなら勝負でしょう。結果的には7700に放銃。最初から完全に降りていれば振ることはなかったとはいえ、押すに見合うと判断したテンパイになって結果的に放銃するのはやむなしと割り切ります。

143-5-min

 ドラ受け固定でドラ表示牌の切りですが、これもまだメンツ候補不足の手。を引いてもドラ受けが残り、ドラを引けば更にもう1枚ドラを受けられるくっつき1シャンテンになるのですから、この手牌なら他の牌に比べてくっつきが弱い打とします。

143-6-min

 親リーチを受けてこちらは平和高めドラ1のリャンメン×2の1シャンテン。通っている牌が少ないとはいえ、打で回るのが無難とみました。結果は3900放銃。苦しい展開が続きます。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top