麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【Mリーグ】大荒れのオフシーズン、まさかのタキヒサが同じチームに!?【ドラフト考察】

【Mリーグ】大荒れのオフシーズン、まさかのタキヒサが同じチームに!?【ドラフト考察】

BULL2021求人ニルウッドカバー

Mリーグ2021シーズン開幕を前に各チームから来季の契約について発表されているが、既にKONAMI麻雀格闘俱楽部の前原、藤崎、セガサミーフェニックスの和久津、EX風林火山の滝沢が契約更新されないことが各チームから発表。大荒れとなっているオフシーズンだが、ここでドラフト会議に向けて情報を整理する。

今後のスケジュール

7月10日まで  契約継続選手の公表
8月上旬     ドラフト会議
8月       2021シーズン契約選手ならびにチーム構成の公表
10月       2021シーズン開幕

8月上旬にドラフト会議が行われ、8月中に「2021シーズン」契約全選手ならびにチーム構成の公表を行い、10月の開幕を迎える。

7月1日までに発表されている各チームの契約情報

まず、現在までに発表されている各チームの情報を整理する。

KONAMI麻雀格闘俱楽部は前原、藤崎が契約満了。少なくとも1名のドラフト指名が必須となる。

【Mリーグ】KONAMI麻雀格闘倶楽部が佐々木寿人、高宮まりとの契約を更新、前原雄大、藤崎智との選手契約満了を発表

セガサミーフェニックスは和久津晶が契約満了。男女混成で3名という要件は満たしているため、4人目の指名は任意となる。

【Mリーグ】セガサミーフェニックス 和久津晶との選手契約満了を発表

そして7月1日に公開されたEX風林火山の滝沢和典の契約満了の速報。今季のドラフト戦線が一気に様子が激変することとなった。

【Mリーグ】EX風林火山 滝沢和典が自由契約に、二階堂亜樹、勝又健志との選手契約延長を発表

これらの自由契約選手は、今季まで在籍していたチーム以外のチームは今回のドラフト会議で指名することが可能となっている。

サクラナイツ、ABEMAS、ドリブンズ、Piratesは現在の契約中の全選手との契約更新を発表、来季も現在の4選手で戦う。

雷電は現在所属の3名との契約を更新した上で、4人目を指名することを明言した。

来季ドラフト指名巡

現在のチーム編成におけるドラフト指名巡は下記の通り。

チーム 1 2 3 4
風林火山 亜樹 勝又
サクラナイツ 内川 岡田 沢崎
ABEMAS 多井 白鳥 松本 日向
ドリブンズ 園田 村上 たろう 丸山
麻雀格闘倶楽部 寿人 高宮
雷電 萩原 瀬戸熊 黒沢
Pirates 小林 朝倉 石橋 瑞原
フェニックス 魚谷 近藤 茅森

 

各チームのドラフト指名選手考察、どのチームが滝沢を指名するのか!?

セガサミーフェニックス

和久津晶が契約満了となり、初年度所属の魚谷、近藤、茅森の3名が継続となったフェニックス。おそらくフェニックスも3人体制に戻ることは考えづらく、4人目の選手を指名すると見られる。これまでと同様に男性1名、女性3名体制なのか、それとも男性2名、女性2名体制となるのか。団体性別問わず自由度の高い指名をこれまで行ってきたフェニックス。次の指名選手にも注目が集まる。1番目の指名権を得たが、風林火山から自由契約となった滝沢を指名するのか、それとも他の有力選手を指名するのか、フェニックスの選択が他チームの選択にも大きく影響を及ぼすことになるだろう。

また、ここまで3年間監督を担当していた高畑監督も退任となった。今後のチーム運営の方針も変わってくるかもしれない。

U-NEXT Pirates

一昨年は優勝チームとなったPirates。2020シーズンはレギュラーで敗退となってしまったが監督はここでチームメンバーを入れ替える施策にでるのか、現在のメンバーでリベンジを誓うのか注目!

尚、閉会式直後のインタビューでは、メンバー入れ替えについては明言されていない。

※7月4日に全メンバーとの契約延長を発表!

【Mリーグ】U-NEXT Piratesが小林剛、朝倉康心、石橋伸洋、瑞原明奈との選手契約延長を発表

チーム雷電

雷電は7月3日に行われたファンミーティングで現在所属の萩原、瀬戸熊、黒沢との契約延長、4人目のメンバーを指名することを発表。

4人目の選手も、門前高打点のスタイルの選手を指名するのか注目!

【Mリーグ】チーム雷電インタビュー「とにかく勝つために死ぬ気で戦いたい」

KONAMI麻雀格闘倶楽部

3番目と5番目に指名権があると考えられる麻雀格闘倶楽部。ここで指名される有力候補はほぼ間違いなく滝沢和典と言えるだろう。もし指名された場合、あのタキヒサが同じチームに所属することになる。その場合は今後Mリーグでタキヒサ対決が見れなくなることになる。少し寂しい気持ちになるのは筆者だけではないはず……。

滝沢がフェニックス、雷電に先に指名されるかそうでないかで、麻雀格闘倶楽部の選択は大きく変わってくるだろう。

そして5番目にも選手を指名することができる。2年目から4人体制で進めてきた麻雀格闘倶楽部が4年目に3人体制に戻すことは考えづらく、もう1名の指名もおそらくあるだろう。麻雀格闘倶楽部投票選抜戦での人気選手や、日本プロ麻雀連盟のA1、A2リーグの有力選手からの指名されるのではないだろうか。

閉会式直後のインタビューでも石田マネージャーからは選手入れ替えについての発言あり。攻撃を軸にした麻雀をテーマにチームを作っていくことを改めて明言した。

【Mリーグ】KONAMI麻雀格闘倶楽部インタビュー「チーム戦はチーム力が大切。来季はレギュラーシーズン、チームで500ポイントを目指す」

EX風林火山

風林火山は事前に来季は4人体制で戦うことを発表しているため、④と⑥でそれぞれ選手を指名することとなる。

オーディションの優勝選手を指名することは発表されているが、その選手を④で指名するか⑥で指名されるかは明言されていない。この部分をどうするかはチームの判断になるが、オーディション優勝選手が麻雀格闘倶楽部に指名されることが十分考えられそうな場合は④、そうでない場合は⑥で指名される可能性も残されている。ここはおそらくまだチーム内で決定している事項とは考えづらく、この先のドラフト会議本番までチーム首脳陣の頭を悩ませるタネとなるだろう。

1人はオーディション優勝選手となるが、もう1名についてどうなるかはまだ明言されていない。オーディションの準優勝選手になるのか、それとも別の選手を指名されるのか、その部分にも注目が集まる。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top