麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【Mリーグ】KONAMI麻雀格闘倶楽部 滝沢和典インタビュー「僕が勝ったら、寿人はもっと勝ちたいと思うだろうから、チーム内での戦いも楽しみにしてほしい」

【Mリーグ】KONAMI麻雀格闘倶楽部 滝沢和典インタビュー「僕が勝ったら、寿人はもっと勝ちたいと思うだろうから、チーム内での戦いも楽しみにしてほしい」

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

2021年6月、KONAMI麻雀格闘倶楽部は前原雄大藤崎智の契約満了を発表した。

Mリーグ史上初の契約満了に界隈はざわつき、新たに指名されるのは誰かと皆が想像を膨らませる中、新たに衝撃的なニュースが飛び込んできた。

EX風林火山、滝沢の自由契約だ。EX風林火山は、2020シーズン入賞しなければ選手入れ替えという『背水の陣』をテーマに戦い抜き、見事優勝。二階堂亜樹滝沢和典勝又健志と、オーディションを行い、優勝者をチームメンバーとして迎え入れ、4人体制で戦うと発表したばかりであった。

このニュースを受け『もしかするとタキヒサが同じチームになるのかもしれない』と期待を抱いたファンは少なくないだろう。

麻雀ウォッチでの指名予想アンケートでも、KONAMI麻雀格闘倶楽部に選ばれるのは圧倒的得票数で滝沢が1位という結果であった。

【Mリーグ】8月2日のドラフト会議で指名される選手は誰だ!?麻雀ウォッチアンケート結果!

そんなファンの期待も高まるドラフト当日、KONAMI麻雀格闘倶楽部のロゴの上に滝沢の名前が映し出された。

©ABEMA

 

ドラフト後のコメントで、KONAMI麻雀格闘倶楽部チーム担当の石田さんは「滝沢選手が契約満了というはなしをきいたときは、真っ先に指名したいと考えていました」と語った。

無事に契約締結した滝沢にオンラインでインタビューを行った。

入れ替えのルールができたときから移籍を考えていた

──移籍を考えたのはいつ頃でしたか?

「2年連続ファイナルに進出できなかったら入れ替えのルールができたときから考えていました。そのルールが僕の麻雀に影響するようなことはないんですけど、優勝したタイミングで移籍したいとは思っていました。負けて自由契約になった場合、戦力外通告ではないですけどそれに近しいものになるわけじゃないですか。優勝して結果を残したときに、別のチームに移る方がいいと思っていましたね」

──指名されない可能性もゼロではない中で、自分から自由契約を申し出るのはかなり勇気がいることだったと思いますが

「『自由契約になる前から、移籍の話があったのではないか』ということも良く聞かれますが、全くありませんでした。自由契約が決まってから、KONAMIさんからお話いただきました。過去に他のチームの選手と雑談というか、冗談ベースでいつか同じチームで戦えたら面白いね、なんて話すことはありましたけどね」

──風林火山には熱狂的なファンがいらっしゃると思いますが、惜しむ声も多かったのでは?

「距離感が近いところで応援してくれていた方たちも多くいて、その方たち一人一人に連絡しました。『僕のわがままですみません』とお伝えして、どこに行っても応援すると答えていただけましたね」

佐々木寿人と同じチームで戦いたかった

──ちなみに入りたいチームはありましたか?

「佐々木寿人と同じチームで戦いたいという気持ちが強かったので、麻雀格闘倶楽部に入りたいと思っていました」

──タキヒサ対決が見られなくなると残念に思う声もありますが

「そうしたら別で、僕と寿人が戦う何かを企画してもらうのもいいかもしれないですね。それか、チーム内での戦いという視点でみてもらって『タキヒサはどっちがよりポイント稼ぐんだろう』とか、そういったことを楽しんでもらえたらと思います。たぶん負けますけど(笑)」

「でもシーズン中は、僕が勝ったら、寿人はもっと勝ちたいと思うでしょうし、そういうチーム内で切磋琢磨するような、良いチームの雰囲気作りにつながればいいと思います」

──『タキヒサ』はいつ頃誕生した?

「『タキヒサ』については、大昔、僕が仕掛けたところもあるんですよ。その時は女流プロがフィーチャーされていて、当時若手の僕ら男子プロがより露出するにはどうしたらいいかと考えたときに、僕と寿人の麻雀スタイルが対極にあったので、二人が一緒に出る場面が増えると面白いかなと提案したことがあり、今に至ります」

伊達選手はこれからどんどん強くなる

──伊達選手とは普段から関わりはありますか?

「連盟で女流勉強会を開催しているのですが、伊達さんはそこに頻繁に参加していて、また、夕刊フジ杯に出ている、ニュージェネchチームのコーチを僕が勤めているのですが、伊達さんはそのチームメンバーなので、普段から関わりはあります」

「最初は麻雀好きの声優さんって感じだったんですけど、だんだん麻雀プロっぽくなってきましたね。まだまだ伸びているところで、これからどんどん強くなると思います」

「開幕してからはすごい緊張感もあるし、プレッシャーも大きいと思いますが、それらを恐れずに思い切って戦ってほしいです」

──ファンの皆様に一言お願いします

「ファイナルに何が何でも残りたいと思っています。僕はMリーグに出場して今シーズンで四年目になりますが、気持ちが安定して年々強くなっていると思います。というのも、Mリーグ初年度は僕自身がどん底の状態だったので、正直不安感があったんですよね。負け慣れてしまっているというか、負けるのが当たり前のような思考になっていたんです。でもそんな一年目にやる気が出て、結果も良く、二年目は負けるべくして負けたという印象もありましたが、それを経て戦った三年目の昨シーズン、ようやく安定したと思えました。年齢もあるかもしれませんが、ブレずに麻雀を打てていますので、今シーズン楽しみにしてほしいです。ファンの皆様に納得してもらえる麻雀が打てるように頑張ります」

Mリーグ 各チーム情報、ツイッターアカウント

▼Mリーグ各チーム情報

赤坂ドリブンズ:https://twitter.com/AkasakaDrivens
EX風林火山:https://twitter.com/EX_Furinkazan
KADOKAWAサクラナイツ:https://twitter.com/kadokawa_sk
KONAMI麻雀格闘倶楽部:https://twitter.com/mfcmleague1
渋谷ABEMAS:https://twitter.com/shibuya_Abemas
セガサミーフェニックス:https://twitter.com/SEGASAMMY_PNX
TEAM RAIDEN / 雷電:https://twitter.com/RaidenTeam
U-NEXT Pirates:https://twitter.com/unext_pirates

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top