麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
麻雀最強戦 the movie 11月18日(金)よりシネマート新宿にて劇場公開決定!ポスタービジュアルも公開!

麻雀最強戦 the movie 11月18日(金)よりシネマート新宿にて劇場公開決定!ポスタービジュアルも公開!

BULL2021求人朝宮あろま

昨年度2021年大会の裏側に密着し、出場者や関連するプロ雀士、解説者、スタッフなどの多くのインタビューを軸に、「麻雀最強戦」に魅せられた雀士たちの生き様に迫るドキュメンタリー映画『麻雀最強戦 the movie』が完成。そして、2022年11月18日(金)より、シネマート新宿にて1週間限定公開が決定した。

▼ポスタービジュアルも公開!

作品概要

32年の歴史を持つ、日本最大級の麻雀トーナメント、麻雀最強戦。たった一人の最強位をめぐる、執念と因縁。 敗者たちが「最強戦」を語る、心震わすドキュメンタリー。
「最強位」の称号を手にするものは誰か!?プロ、アマ問わず、全国の猛者たちが、一年を通して頂点を目指す、日本最大級の麻雀トーナメント、麻雀最強戦。
2021年12月、勝ち上がってきた精鋭15名は、最強位の称号を目指し、ファイナルトーナメントに挑む。昨年の覇者、多井隆晴プロと歴代最強位のインタビューを基に、今注目の雀士たちが、これまでの戦いを振り返る。

出場者は、この一戦にどんな気持ちで望んでいるのか?そこは、まさに人生十色。運のみで勝ち上がったと謙遜する者、麻雀界の未来を憂う者。成り上がり、人生の大逆転を狙う者、リベンジの為に全てを投げ売った者など様々な思いを抱えていた。卓上は、静かなゲーム展開とは相反して、熱い情念が渦巻いていたのだ。ついに決勝戦。4名のファイナリストの最後の戦い。麻雀ファンや先輩雀士は、ファイナリストたちをどのように観ていたのか? 命運を分けた一打には、どんな思惑があったのか?スリリングな心理戦が描写され、観客は新たな発見に驚くことになる。

多井隆晴 × 瀬戸熊直樹 麻雀界を牽引する盟友同士の執念と因縁のドラマ

かつて、阿佐田哲也は、「全勝を目指しちゃいけない。人生そんなに上手くゆくわけはないし、全勝を目指す人は、弱いところがある。1敗しただけなのに折れちゃうことがあるんだ。人生、適当に負けることが大事さ」という名言を残した。「最強位」を手にしたものは、阿佐田哲也の言葉通り、敗者から復活した者なのか? はたまた負けを知らず全勝を通した強者か?いずれにしろ、小さな卓上で、繰り広げられた熱い戦いには、雀士たちの生き様が色濃く映り、観る者に感動を与えるのだった……。

▼2021FINAL結果記事はこちら

▼1st stage放送ページ

▼2nd stage放送ページ

映画詳細情報

『麻雀最強戦 the movie』
出演:多井隆晴 東城りお 魚谷侑未 黒沢咲 小林剛 仲田加南 川原舞子 森山茂和 馬場裕一 藤田晋 佐々木寿人 仲林圭 原佑典 茅森早香 瀬戸熊直樹 井出洋介 鈴木大介 一瀬由梨 古橋崇志 荒正義 岡崎涼太 猿川真寿 徳井健太 パタ☆ロッソ 醍醐大 宮内こずえ (登場順)
司会:小山剛志
実況:日吉辰哉 古橋崇志
ナビゲーター:梶本琢程
解説:近藤誠一 金太賢
監督:原澤遊風
製作:後藤明信 原澤遊風 伊藤明博
企画:原澤遊風 星野信夫 金本晃
プロデューサー:原澤遊風 星野信夫
構成:桂いちほ
音楽:安田芙充央 間宮博実
撮影:永山正史
大会イメージキャラクター:アカギ(著 福本伸行)
協力:(株)竹書房「近代麻雀」 (株)バビロン (株)AbemaTV テレビ朝日 (株)千代田ビデオ(公社)日本将棋連盟 (一社)日本プロ麻雀連盟 (一社)最高位戦日本プロ麻雀協会 (一社)日本プロ麻雀協会 (一社)麻将連合 RMUー麻雀プロ団体 他
協賛:(株)サイバーエージェント/アース製薬(株)
企画 編集協力:(株)MUSO
制作プロダクション:JDC.Inc
宣伝:小口心平(TAIRA)
配給協力:(株)ミカタ・エンタテインメント
配給:(株)マグネタイズ
製作:「麻雀最強戦 the movie」製作委員会(竹書房/JDC)
©2022「麻雀最強戦the movie」
製作委員会 公式サイト:mahjong-saikyosen-movie.com

関連URL

麻雀最強戦HP

麻雀最強戦2021アシスタントに元乃木坂46の中田花奈!最強戦ガールには杉浦まゆ、美里麻が就任!

2局連続で逆転手に仕上げた女流桜花川原舞子がファイナルに進出!/麻雀最強戦2021 女流チャンピオン決戦

怒涛のアガリで影を踏ませぬ圧勝!2019最強位の将棋棋士 鈴木大介さんがファイナル進出!/麻雀最強戦2021 著名人最強決戦

南場の怒涛のアガリで逆転!荒正義がファイナルに進出!/麻雀最強戦2021 男子プロ歴代王者決戦

華々しい熾烈な攻防の応酬!宮内こずえが激戦を制してファイナルに進出!/麻雀最強戦2021 女流プロMの城壁

一時5200点持ちからの大逆転勝利!仲林圭が華麗な逆転劇ファイナルに進出!/麻雀最強戦2021 男子プロ超技能バトル

僅差の大混戦!平成ノブシコブシ・徳井健太さんがファイナルに進出!/麻雀最強戦2021 男子プロ超技能バトル

接戦のオーラスで4着目から大逆転の一撃!岡崎涼太が劇的なアガリでファイナルに進出!/麻雀最強戦2021 男子プロ最強新世代

熾烈な打ち合いを制して猿川真寿が5度目のファイナル進出!/麻雀最強戦2021 男子プロ鋭気集中

伝説の役満清老頭成就!決勝でも決死の連荘からの大逆転で原佑典がファイナルに進出/麻雀最強戦2021 全日本プロ選手権

近畿・四国最強位のパタ☆ロッソさんがアマチュアによる「最高で最強」を達成!/麻雀最強戦2021 アマチュア最強位決定戦

僅差の大接戦を制して仲田加南が最後の椅子を勝ち取る!/麻雀最強戦2021 ザ・リベンジ

歴代最強位

第1期(1989年度) 片山まさゆき(漫画家)
第2期(1990年度) 小島武夫(日本プロ麻雀連盟)
第3期(1991年度) 伊藤優孝(同)
第4期(1992年度) 佐々木秀樹(雀鬼会)
第5期(1993年度) 山田英樹(同)
第6期(1994年度) 飯田譲治(著名人代表:映画監督)
第7期(1995年度) 飯田正人(最高位戦日本プロ麻雀協会)
第8期(1996年度) 長谷川和彦(著名人代表:映画監督)
第9期(1997年度) 土田浩翔(日本プロ麻雀連盟)
第10期(1998年度) 荒正義(同)
第11期(1999年度) 長村大(最高位戦日本プロ麻雀協会)
第12期(2000年度) 森山茂和(日本プロ麻雀連盟)
第13期(2001年度) 河合正浩(読者代表)
第14期(2002年度) 郷内武広(同)
第15期(2003年度) 鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)
第16期(2004年度) 氏家義成(さん小倉店代表)
第17期(2005年度[5]) 後藤正博(読者代表・現日本プロ麻雀連盟)プロ代表 二階堂瑠美 (日本プロ麻雀連盟)
第18期(2007年度[6]) 小山理則(めろんの樹代表)
第19期(2008年度) 張敏賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)
第20期(2009年度) 福田聡(日本プロ麻雀協会)
第21期(2010年度) 板川和俊(日本プロ麻雀連盟)
2011年 板川和俊(同) ※初の連覇
2012年 水沼利晃(アマ最強位)
2013年 沢崎誠(日本プロ麻雀連盟)
2014年 藤田晋(著名人代表)
2015年 前田直哉(日本プロ麻雀連盟)
2016年 近藤千雄(日本プロ麻雀協会)
2017年 金太賢(日本プロ麻雀協会)
2018年 近藤誠一(最高位戦日本プロ麻雀協会)
2019年 鈴木大介(著名人代表)
2020年 多井隆晴(RMU)
2021年 瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top